趣味が高じてしまいました。。。

Holiday Traditonの一般公開が終了した後、
ボランティアは、売れ残ったオーナメントなどすべての商品を
50%OFFで、購入できました。

朝のHighwayの渋滞にもめげず、セール開始のOn timeに着き、
意気揚々としていたのですが、
すでにエントランスには、かなりの列・・・。
うぅぅぅ~、アメリカのマダムをなめてはなりませんね・・・。

何かクリスマスの置物でも、、、と思ってましたが、
ときすでに遅し、買いたいと思うものはありませんでした・・・。
でも今日は、50%OFF!!
何か買わねば!とあせった私の頭に浮かんだ、Good Idea。

「オーナメントを買おう!!」

大人2人なので、日本でもアメリカに来てからも、
ツリーは飾ったことのない我が家。

でも、将来子供がいて飾るかも知れないしと、日本に帰った暁のため、
またオーナメントはずっと残るので記念として、
自分のお手伝いしたツリーから少しと、あとは色をコーディネイトして、
f0130621_544290.jpg

オーナメントをどっさり!、たっぷり!買いました。

家に帰って包みを開いて、「きれいーー」と眺めているうちに、
「今飾りたい!!」という思いがふつふつ沸いてきまして、、、
抑えることをできず、、、
もう次の瞬間には、車に乗っていました^^:

しかも、せっかくアメリカにいるんだしと、
向かった先は、Fresh (生)ツリーの販売所!
長さにもよりますが、$20位で購入できるんですから、生に限るでしょう!

この時期のアメリカの風物詩といえば、
街中の空きスペースに、Fresh(生)のもみの木が、
ずらーと売られている場所があって、
f0130621_4371155.jpg

そこで買ったツリーを、車の上に乗せて運ぶ人が、たーくさんいるんです。
こんな感じ↓
f0130621_440384.jpg

アメリカでは、ツリーは「生もみの木」という人が、多数。
これを見ると、あーー、年末だわ、と思います。

必要なものはシンプルで、
もちろんFresh Treeと、根元を支えるプラスチックのカバーのみ。
根元をねじで固定しなければいけないようで、
お店のおじさんに、私でもできそうかとたずねてみると、
懇切丁寧に教えてくれましたが、
最後に「一人じゃなくて誰か手伝ってもらった方がいいよ。」と
半ばあきれられました。。。
その、誰かを待てなかったのですよ~~、おじさん。。。

売り場から車まで運び、車から家まで。
周りの人、え、、一人でやるの??ってちょっとびっくりしてましたが、
気にしない気にしない。

どさっ!!
f0130621_4594131.jpg

確かに、根元の固定は、支える人がもう一人必要で、
Koreanオクサマを緊急招集。(夫はゴルフで外出中でした。。。)
Koreanオクサマも、え、、買っちゃったの??と呆れてましたが、
一緒に手伝ってくれました。
f0130621_501356.jpg

紐をほどくと、ばさっと枝がひらき、思わずよけてしまいました。
う~~ん、やっぱり樹のよいかおり!!
f0130621_504191.jpg

根元をしっかり固定した後は、お楽しみの飾りつけ。

一つ一つ包みを開けては、感動してくれるKoreanオクサマ。
購入したのは、私の背ぐらいの3ftのツリーなので、
はしごを使う事もなく、1時間ほどで終了しました。
f0130621_4453670.jpg

この赤いボールと、ことりさんはお手伝いしたツリーから。
f0130621_446307.jpg

下から見上げると、ライトに反射して2割り増しくらい綺麗です。
うっとり^^
f0130621_4472399.jpg

f0130621_1324157.jpg

ここにも、ことりさん♪
f0130621_4491613.jpg

丸いオーナメントだけでなく、長い物、形がユニークな物も沢山購入。
f0130621_4531929.jpg

ソファーの目の前に飾ったので、一日ライトをつけては、
うっとり眺めてます^^;
私の観察によりますと、、、夕暮れ時が一番雰囲気ありますね。
あと、朝起きてリビングにいく瞬間が、一番いいかおりって感じて、
最近は、寝覚めもさわやか^^

ただ、このFreshのTree.
なんと一日ごくごくと500ccも、お水を飲まれるんです。。。
お部屋でも光合成してるんですね。。。

葉っぱも日々ぼろぼろ落ちるので、お掃除が大変ですが、
やっぱり挑戦してみてよかった、Fresh Tree☆
(ちょうど飾りつけが終った時に夫が帰宅し、ヒジョーに呆れていましたけどね^^;)
[PR]
by gold_99 | 2009-12-13 05:04 | Flower
<< Vacationに入ります。 夫にも夢の世界を。 >>