温かいテリーヌとウズラちゃん

月1度のお楽しみ、今日はシェフのフレンチのお教室でした。

以前生徒さんからリクエストがあったらしく、ウズラを使ったお料理でした。
あまりお肉料理には興味がないのですが、まぁこれもお勉強と思い行ってみると、
なんとこの日の前菜は、サーモンのテリーヌ。
おもてなしに最適で、前から作れるようになりたいと思っていたのでラッキー♪

まずは、前菜
・スモークサーモンの温かいテリーヌ ブルーチーズのソースで
f0130621_20194766.jpg

全体に対し、スモークサーモンの量は少しなのですが、ほのかに燻製の香り。
とてもお上品なお味です。
ブルーチーズのソースも、とてもシンプルにできるようでこれはおうちでもできそう。
今年のクリスマスに復習も兼ねて、作ってみようかしら。

メインは、
・ウズラの縮緬キャベツ詰 柿の温かいヴィネグレット
f0130621_20221655.jpg

一枚開きにしたウズラちゃんに、ファルス(詰め物)をして焼いたもの。
ファルスがキャベツたっぷりで、さっぱりとおいしく頂きました。
普通のチキンよりも全然あっさりしてますね。
それから、この柿のソース、これは絶品。
こちらも簡単におうちでもできるので、おうちでも真似できます。
そうそう、柿はフランスでもKakiと言うんだそうです!

デザートは、シェフが用意してくださいました。
・パンナコッタ アイスを添えて
f0130621_20251658.jpg

シェフ特製のアイス。
おいしくて、私には栄養過多・・・。

* *
今日はプロの料理人の方もいたりと、敷居やレベルの高そうなお教室なのですが、
とはいっても、試食の時もシェフやマダムとのお話は楽しいし、
結構家庭でも真似できるアイディアがあり、大変勉強になります。

1か月ぶりに会うシェフも私のお腹の成長ぶりにびっくりしていたし、
きっと来月の参加が最後になるでしょうか。
クリスマスも近いし、来月のメニューが楽しみです☆
[PR]
by gold_99 | 2011-11-14 20:30 | 習いごと
<< 東京で初オペラ お茶タイム >>