おかぁさん

夫婦で読んでくださいと、知人から感慨深い詩を頂いたので、備忘録として。

  * *

『おかぁさん』

おかぁさん 私のことを愛して下さい
わたしは泣くことしかできません
でも、決してあなたのことを困らせようとしているのではないのです

おかぁさん 私のことを愛して下さい
温かいお腹の中が恋しくて、ときどき懐かしくなってしまうのです
長いこと丸くなってすごしていたから、お布団に寝かされると背中がびっくりするのです

おかぁさん 私のことを愛して下さい
わたしが抱っこを望むのは、あなたの優しい愛にふれたいから
あなたの肌の匂いにわたしは安心するのです

おかぁさん 私のことを愛して下さい
遠く離れたところから、優しいあなたのまなざしを見ていました
あなたが動物を慈しみ、植物を愛でる姿に惹かれました

おかぁさん 私のことを愛して下さい
目閉じて眠るのは怖いのです
暗くて深い闇は、あなたから引き離されそうだから
あなたの側にいたくて、泣いてしまうのです
深い海を渡り、広い空を越え、宇宙の果てからあなたをみていました
私はあなたと巡り会うその瞬間をずっと待ち望んでいました

けっして、あなたの自由を奪うために、やってきたのではないのです
あなたが悲しい顔をするたびに、私も涙が溢れるのです
あなたが困っている顔をするたびに、私も途方にくれてしまうのです
どうか、私の存在を疎まないでください
言葉を発しない私ですが、あなたの気持ちは誰よりも感じることはできるのです

おかぁさん 私のことを愛して下さい
私のことを分かってくれるのはあなたしかいないのです
あなたに抱かれ、あなたの鼓動を感じ、私はこれ以上の幸せなことはないと知っています

おかぁさん 私のことを愛して下さい。
あなたの笑顔がまぶしくて、私はいつも見ていたいと思うのです
あなたの声が永久の音色として心に刻まれるのです

おかぁさん 私のことを愛して下さい
私は誰よりもあなたを愛しています
あなたとともに歩む未来がどんなにすばらしいものかを信じています

 * *

泣くことでしか、要求を伝えられない赤ちゃん。
今日で生後1か月の娘ですが、それでもきちんと意志があるんですね。
私の話や歌をじっと聞いていますし、おむつのときは必ず泣いて教えてくれます。

1か月間で替えたおむつの枚数、授乳の回数を数えるとびっくりしますが、
大変ですが、望んでいたことなので全く苦ではありません。
何度でも替えてあげよう!、と意気込んでいます。

先日、母が「今は大変だけれど、いずれこの子があなたを助けるようになる。」
と言っていたのが印象的です。
女の子を育てた母の、率直な感想でしょうね。
私とお食事したり、旅行に行ったり、お茶してなんてことない会話したり。
お互いにいい気分転換になり、いい意味での頼り頼られの関係を築いている気がします。

「あなたのために私がいる、私のためにあなたがいる。」の気持ちで、
娘と一緒に成長したいと思います。

それにしても、童謡や詩など、「母と子」をモチーフにしたものはたくさんありますが、
父と子ってあるんでしょうか・・・。
何かあれば教えてくださいませ・・・。
[PR]
by gold_99 | 2012-03-24 16:55 | お嬢さんと
<< 生後1か月 First White Day >>