家族でコンサート♪

待ちに待った、仲道郁代さんのコンサート。
超多忙の夫も仕事の合間を縫って、一緒に行くことができました。

区民ホールなので音響などシンプルなホールですが、
なんと立派なベーゼンドルファーが置いてありました!
さすがです!

Sちゃんは、またまた一張羅のワンピースを着て、
この日は夫も一緒だったので、きちんとエルゴから出してお膝の上で聴きました。

仲道郁代さんの曲の説明などを交えながらのコンサート。
最初のあいさつで、もう仲道郁代さんのお嬢さんは高校生だそう!で、
かつて、私が中学生くらいの時に読んだ音楽雑誌のインタビューで、
小さいお嬢さんを楽屋に連れてきて、本番に演奏していると、
話していたお嬢さんがそんなに大きくなっているなんて、びっくりでした。

独特の優しいお声で、曲の説明をしてくださいました。
f0130621_21421124.jpg

ピアノからお花が咲く曲、とか、子犬の動く様子をわかりやすく伝えたり、
作曲者のことを簡単に説明したり、子供に分かりやすく伝えるのが上手と思いました。
きっとお嬢さんにもこんな風に話しかけながら、練習していらしたのでしょうね。

さて、Sちゃんは最初は手をバタバタしていたものの、
いつも聞いている曲ばかりだったので、リズムをトントン取ってあげると、
おとなしく気持ちよさそうに聞いていてくれました。
よかった、ありがとう。

最後は、きちんと”おまけ”と称してアンコールまであり、
「来てくれた子供たちと、連れてきてくれたご両親にありがとうを」、ということで、
私の大大大好きな、エルガーの愛のあいさつでした♪
こんな曲の紹介の仕方、とっても心がこもっていて素敵ですね。
お人柄なのでしょうね、感動しました。

またまた、来ている子供たちは、2歳くらいからの子が多く、
Sちゃんみたいな子はほとんどおらず。
どこに行っても一番小さいのですが、小さいからわからないということは決してなく、
むしろすべてわかっていると、親ばかながら信じているので、、、
また機会があれば出かけて、本物に触れさせてあげたいと思います。

* *

さて、昨日は母の日。
私にとっては、初の母の日。
夫が、母の日だからと、往復エルゴで抱っこしながら行ってくれました。
もう腰や肩がバリバリなので、とても身軽でありがたかったです。

そして、Sちゃんと夫から半分ずつということで、お花も頂きました♪
f0130621_2152312.jpg

まさか、まさか、自分が母親になれる日が来るとは思わなかったので、
昨日は、私のほうこそ、Sちゃんに母にしてくれてありがとう、と何度も伝えました。

Sちゃん、夫、母の日、どうもありがとうございました。
父の日、何か考えましょうね。
[PR]
by gold_99 | 2012-05-14 21:57 | お嬢さんと
<< ブックスタート サントリーホールでオペラ♪ >>