カテゴリ:American( 32 )

アメリカの顔文字

渡米1年8ヶ月目にして、最近ようやく分かった事があります。

最近私のConversation Partnerになってくれているのは、Americanの女子大生。
週1回カフェに行ったり、ランチに行ったり等して、
1時間ほど、自由に好きな事をしゃべって、お互いの文化を教えてもらったり、
言い方がおかしかったら、直してもらったりしているのですが、
Appointmentのために、メールもよくします。

このAmericanガールだけでなく、英語が第二母国語となっているような国、
例えば、シンガポール、マレーシア、フィリピンのオクサマ方とメールをしていても、
文の最後に、
:)、だったり、:|、だったり、:o 、だったり、沢山ついているんですねぇ~~。

最初は、てんてんにカッコ??、なんかのマークかな~と思っていたのですが、
なんかの拍子に、顔を左に90度傾けてみたところ、、、ようやく分かりました!!

かおを左に90度傾けてみてみると、、、アメリカのは、

:) =笑、 :D =嬉、 :| =困、 :o =驚

わかりにく~~い!!
これが顔文字だったとは、1年8ヶ月も思いもよりませんでした:|

日本では、(色々ありますが。。)

(^^)=笑、 (^0^)=嬉、 (@_@)=困、 (*_*)=驚、、ですよね。

Wikipediaによりますと、、、

  *日本の顔文字は、主に「目」で感情表現
  *アメリカの顔文字は、主に「口」で感情表現

なるほど、、、日常生活を見てもアメリカ人はにこ~~と、口をあけて笑いますものね。

顔文字にも、世界色々あるなんて面白いですね~~。
どちらがお好みでしょうか??
[PR]
by gold_99 | 2010-03-10 05:50 | American

Thanksgivingのその後

毎日ラジオからはクリスマスキャロルや、ナッツクラッカーが流れ、
時すでに遅しですが、、、次に進めないので、備忘録として、
Thanksgivingの4連休のその後の過ごし方をアップしてみます。

Thanksgivingの翌日は、BlackFridayと呼ばれ、
アメリカではおそらく商品が一番安くなる日です。
Black Friday Saleが、いたるところでやっていて、
中には深夜0時から開くお店もあり、それに殺到する人が多く、
アメリカ中がCrazyになる一日でもあります。

昨年は私のゴルフセットを$99で購入したりと、いいお買い物ができましたが、
今年も満足なり!
近場のモールが朝6時開店だったので、5時起床でを攻めました!
日本では不経済な夫ですが、アメリカではサイズに困らないので、
主に夫の靴を中心に。

ちらり☆
f0130621_16404048.jpg

日本でも一流ブランドの物ばかりなのですが、
ぜーんぶほぼ50%OFF!
並べてはにんまり^^、夫婦して喜びを分かち合いました^^
いいものが有り得ない位安く買えたり、もともとが安かったり、、、
もうTOKYOの物価の高さには、到底ついていけそうもありません・・・涙

Shoppingの次の日は、夫婦で仲良くさせて頂いている2組の夫婦と、
シャンパンブランチでした。
住宅街に突然現われる、白亜の豪邸
f0130621_16454258.jpg

特別な時に訪れるレストランのようで、お誕生日のテーブルが沢山!
(しかも、おばあちゃんのお誕生日ばかり・・・)
f0130621_16435758.jpg

シャンパンも飲み放題のようで、グラスがあくとどんどんついでくれ、
運転もあるのに、かなり飲んでしまいました・・・。
f0130621_16473328.jpg

お仕事の話や旅行の話、久しぶりに会ったので話も弾んで、
楽しくテーブルを囲みました。

久しぶりにのんびりでき、アメリカのお宅にもご招待して頂き、
クリスマスまでの英気を養った4連休でした。
[PR]
by gold_99 | 2009-12-07 16:44 | American

Thanksgiving Dayのディナー

Thanksgivingの初日は、アメリカ人のお宅のディナーに招かれ、
去年は、正当なThanksgivingを経験できなかったので、
とても楽しみに出かけました。

 ##

そもそも、、、Thnaksgivingのいわれは、1620年。
イギリスからアメリカにわたった清教徒たちは、
ネイティブアメリカンに食べ物を分け与えられたり、農業を教わったりしながら、
厳しい冬を生き延びる事ができた。
その翌年、清教徒達は自分たちの手による始めての収穫を祝う席に、
ネイティイブアメリカンを招待し、神様に感謝をささげた、というのが起源。

 ##

4連休のThanksgivingの初日は、日本の元旦のような日で、
家族、親戚が集まり、ターキーを初めとするお食事を囲んで、収穫に感謝するもの。
アメリカ人の典型的なお祝いの仕方を見せてあげましょう!という事で、
アメリカ人老夫婦のお宅にお招きを受けたのでした。

この辺りの高級住宅地の山の上に建つおうちにつき、
ご夫婦が温かく迎えてくださいました。
f0130621_912499.jpg

お部屋のリビングに着くなり、一面窓ガラスで海も眺める素晴らしい景色。
シャンパンとナッツのWelcome Drinkをリビングで頂きながら、少しお話。

その横ではすでに、きちんとテーブルセッティングされていました。
f0130621_917750.jpg

この日は特別なので、1920年代にお母様が購入した、
ディナーセットを使用しているとのこと。
黄色で秋らしく、キャンドルもセットされて、とても品の良いテーブルでした。

写真もどうぞ!とのことでしたので、遠慮なく1品ずつ収めさせていただきました。
また、感謝祭なので”いっぱい食べるのよ!”と念を押され、
いつも私から制限を受けている夫は、
心の中でガッツポーズをした事でしょう・・・。

前菜:シーフードのマリネ
f0130621_9201553.jpg

マリネの加減がとてもよく、美味しく頂きました。

メイン:もちろんターキー!

まずはターキーのご披露♪
f0130621_9225426.jpg

このお肉を切り分けるのは、ご主人様のお仕事です。
キッチンでどうぞ見てください、と仰ってくださったのでキッチンにも。
f0130621_9241295.jpg

中には、こんな。
f0130621_9272876.jpg

スタッフィング(中身)は、家庭それぞれのレシピがありますが、
こちらは、Breadcrumbleとセロリなどを混ぜて、スタッフィングにしてるそう。
よーくお手入れされたナイフで、切り分けます。
f0130621_928472.jpg

お肉が用意される間は、お野菜を。
f0130621_9293565.jpg

ターキーが少しヘビーなので、この野菜スティックがよく中和してくれます。

ターキーには、自家製のクランベリーソースを添えます。
f0130621_9302245.jpg

この時期になると、クランベリーがスーパーにずらりと並ぶのですが、
いつもお肉にクランベリー??と、不思議だったのですが、
これが美味しいの^^
ジャムのような強い甘さはなく、ほのかな甘みと酸味。
”ターキーにはクランベリーソース”って誰が考えたんでしょう??

お待ち兼ねのターキー♪
f0130621_932359.jpg

ご用意してくださった、赤ワインととてもよく合いました。
クランベリーソースをたっぷり乗せました。
f0130621_9335578.jpg

このあと、もう少しターキーを頂いてから、デザート。

デザート:パンプキンパイ
f0130621_9365189.jpg

Thanksgivingのデザートと言えば、パンプキンパイ。
パンプキンパイスパイスなる物が売られていたり、
ただのパンプキンパイとは違う、スパイスのせいでちょっとエキゾチックなお味です。

去年少し食べた事があるのですが、あまり美味しくなかったので、
疑心暗鬼でしたが、これまたとっても美味しい!!
お母様のレシピだそうで、パイもサクサク、スパイスの加減も
ちょうどよくって、とっても美味しく、パンプキンの印象が一変しました。
お腹一杯で、もう一切れ薦められたのですがお断りしてしまい、
今更になって、悔やまれます・・・笑

食後の紅茶。
f0130621_9401950.jpg

紅茶のお供にと出してくださった、ミンスチョコレート
f0130621_9411191.jpg

こんな風にServeしたら、エレガントですね。

お食事しながら、またお食事後もソファーに移動して、
ワインと共に、かつてはProfessorだったご主人と、とても知的な奥様と、
とても楽しくお話させて頂きました。

お仕事柄、アメリカ国内も転々とし、またイタリアやイギリスにも住んだことがあり、
各地でのたくさんの思い出の話を聞くことができました。
各国で生活したり、異文化の人との交流をして、とても理解があるのでしょうか。
機会があれば、このように外国人を行事に招き、おもてなしをなさっているようでした。

お話の話題も豊富で、人柄も温かで自然で、人をもてなすということの、
理想形を拝見させていただいたような気がしました。

私たちも、リタイヤ後や、もう少し落ち着いたら、
このように外国人をおうちに招いて、きちんとした正統な
日本文化(ディナー)を紹介できるようになりたいね、と話しながら帰りました。

人生の新たな目標ができ、心温まり、刺激も受けた一日となりました。
[PR]
by gold_99 | 2009-11-29 09:52 | American

Californiaの財政難

もはや、California州が財政破綻がしていることは、有名ですが、
何とか財政を立て直そうと(収入を増やそうと)、
これでもか、これでもかと、苦肉の策を講じています。

最初は、生活者から少し遠いところから始まり、
いまや、私の日常にも色んなCost Cutterの影響が出始めています。

渡米後から通っているAdult SchoolのESL。
いつも夏の間はSummer Schoolが開催されるのですが、
今年は財政難のため、学校は夏の間完全に閉校となりました。
が、隣町のAdult Schoolは開校していたようで、
みながそこに集まり、パンク状態となり、結局は行けない人が続出しました。

夏の閉校騒ぎもひと段落、
9月からまたAdult Schoolが始まる事となりました。

が、今までは完全FreeだったESLの授業ですが、
(先生方はボランティアではなく、州からお給料をもらっています。)
財政難のため、1学期につき$35払わなければならなくなりました。

今までのFreeというのができすぎていましたが、
いきなり$35というのにはびっくり。
それでも、Adult Schoolは各国の皆さんと出会う格好の場でもあるので、
$35お支払いして、通っていますが。。。

そして、更に苦肉の策は続きました。
学校が開校して1ヶ月した先日。
いきなり、先生からメールが送られてきました。

今までは、週3日、毎回3時間10分の授業だったのですが、
これからは、週3日、毎回2時間10分へと、1時間の短縮授業とのこと。

おそらく先生のお給料が、Cost Cutterにあったのですね。。。
それでも、毎回色々工夫して、授業してくださるので、
私たちにはありがたい限りです。

その他、私の身の回りでは、大學の授業料が大幅値上げになったり、
Apartment内の敷地のいたるところに、Donation Boxが設置されたり。
(今度写真を撮ってみますね。)

アメリカの不況、California州の財政難が、
こんな形で、自分の生活に影響するとは思わず。。。
ここで踏みとどまって、更に深刻な状態に陥らない事を、祈るばかりです。
[PR]
by gold_99 | 2009-10-13 15:35 | American

Moon Festivalのお祝い

昨年もふれたような気がしますが、

ChineseやKoreanの方々(特にChinese)にとって、
日本で言うところの中秋の名月の時期は、Moon Festivalといって、
1週間位の休暇で、離れている親戚がみな集まる、とても重要な祝日のようです。

お盆のような感じでしょうね。

先週末がそのMoon Festivalにあたり、我が家もお招きを受け、
Moon FestivalのPotLuck Party(持ち寄りパーティ)に参加してきました。

直前に行くことが決まったので、何もメニューを考えていなかったのですが、
簡単にできる物という事で、鶏のから揚げ、と、
日本のお月見をイメージして、みたらし団子をせっせと作りました。
f0130621_1433460.jpg

f0130621_1443499.jpg

(海外在住者の悲しい性、食べたいものは自分で作るのです。
みたらし団子は私の定番になりつつあります。。。)

さて、夫の友人宅は山の上!
車同士ぶつからないか、ハラハラするぐらいのくねくね山道を上りきり、
ようやく到着。

さすが、この景色!
f0130621_14818.jpg

ほとんどのおうちの片面はガラス張り。
朝、夕はさぞかしきれいでしょう。
f0130621_1485780.jpg


皆さん集まり、
f0130621_14113172.jpg

お料理もずらりと、並びます。
f0130621_1412442.jpg

こういう時、私は時間があるので手作りしますが、
別にどこかで買ってきたものを、持ってきてももちろんOK.
みんながワイワイ集まって、これな~に?なんてしゃべりながら、
色んなお料理をいただきながら、楽しい時間を過ごす事の方が重要です。

本日の本丸、月餅の登場。
f0130621_14145376.jpg

Moon Festivalに頂くお菓子なんですね。
中に丸々卵の黄身が入ってる月餅もあり、日本ではあまり見かけないもの。

Chineseの男性も女性も、月餅がServeされた瞬間、
嬉しそうな顔をしてて、改めて国民食なんだな~と実感。

Summer Vacationをはさみ、すごく久しぶりに会えた、
Chineseオクサマ、Koreanオクサマ、Mexicanもいて、
1時間で失礼するはずが、ついつい長居してしまいました。
[PR]
by gold_99 | 2009-10-11 14:20 | American

Unexpected Morning!

今朝起きてTVをつけると、何だか騒々しい。。。
事件でもあったかしら、、、としばし見てると、
なんとなんと、オバマ大統領が09年のノーベル平和賞を取ったのこと。

あらら、これは大事。
すぐにCNNに切り替え、オバマさんの会見を聞きました。
まさにオバマさん本人もおっしゃっているように、Unexpected.
CNNでも祝福はするものの、驚きに溢れる各地の様子などを、
中継していて、午前中しばらく興味深く見ていました。

たしかに、これから色んな政策を実行するところ、、、という事で、
今後の期待も含めた受賞、という印象がありますが。。。

大統領就任式を思い出してみても、各地でオバマさんが演説しているのを、
涙を流して聞く黒人が沢山いた事が、とても印象的でした。
何か時代が今から変わるのではないかと、私でさえも感じました。

長くアメリカに住んでいるのではないので、詳細は分かりませんが、
オバマさんが就任して以来、CNNなどのTVで堂々と、
Black Peopleに関する討論会やドキュメンタリーが多くなったような気がします。
国の代表がオバマさんということで、
Black Communityの人たちの事を、きちんと扱えるようになったのではないか、
オバマさんがリーダーになった事で、希望や夢を与えられた人たちが、
相当いるのではないかと思います。

ノーベル賞までとって、更に周囲からの期待が膨らみ、
どんどん白髪が増えそうですが(最近増えましたよね?)、
アメリカの、そして世界の明るい未来に向けて、
そのリーダーシップを発揮して欲しいものです。
[PR]
by gold_99 | 2009-10-10 13:53 | American

やっと、やっと、届きました。

確か、運転免許の試験について書いたのは、1年前。

実地試験合格後、約1~2週間で免許証が届くはずでした。
が、、、ワタクシ、1年待ちました><
Regal Presenceが確認できないとか言う、訳分からない理由で。
ちゃんとアメリカに入国できているし、VISAもちゃんとあるから、
そんなことは絶対にないはずなのに、待てど暮せど、一向に来ませんでした。

先日、もう1年も経っているので、DMV(運転免許センター)に、
文句を言いに行ってきました、ワタクシ。
しかも一人で!!!
海外にいると、やっぱり強くなっちゃうんですね、自然に 笑

日本と同じように、運転免許証は身分証明になるので、
例えば、スーパーでお酒を買う時(必ずIDを見せないと買えません。)、
クラブに入る時(あまり行きませんが。)、
どんな時もIDは必要なのです。
なのに、免許証がないがためにいつもパスポートを持ち歩かなければならず、
その不便さ、といったら。

2時間半待って、また申請書書いて、写真撮って。
こんなことしても、また来ないんだわ・・・と半ば諦めていたのに、、、
おぉぉぉ!!
f0130621_1411833.jpg

思いがけずも、あっさり届き、1年間何も手続きされていなかった事が判明。
しっかりしてください、California!!!

夢にまで見た、免許証(大げさ・・・)。
が、2時間半待たされた上に、また写真まで撮られて、、、と、
ワタクシ、とってもとってもこわーい顔をしてるんです。。。
こんな事なら、ちゃんとにこっとするべきでした。
いつも笑顔で!!を、モットーにしたいと反省致しました。。。

今度ワインを買いに行って、堂々とこのIDを見せたいと、
今からワクワクしております。

話は変わって、車関係のお話。
California州が財政の危機に瀕しているのは、周知の事実ですが、
先日も州政府に現金がない!とのニュースも流れました。(信じがたい・・・)

そのためでしょうか。
街には至るところに、ポリスのパトカーが潜んでます。
ちょっとでもSTOPサインで止まらなかったり、携帯ではなしながら運転していると、
すぐサイレンを鳴らされ、路肩に寄せられます。
そして、チケットを切る。
毎日運転していて、1.2件は目にします。
チケットきれば、すぐに罰金として現金収入が入りますからね。
言葉は悪いですが、「えげつない」とはまさにこの事。

しかも、この罰金本当に高額。
前回、夫は赤信号で右折の際(アメリカは赤信号でも右折可、但し徐行)、
徐行しなかっただけで、罰金$450.
その高額罰金に、頭がくらくらしたほど。。。

不況の影響が、こういうところに出てきています。
気をつけて、運転しましょう!
[PR]
by gold_99 | 2009-08-04 14:15 | American

アメリカの行事を知りたいなら

3月17日は、St. Patric Day.

アイルランドにキリスト教を広めたSt. Patricの命日を祝う、
元々はアイルランドの祝日。

アイルランドからの移民が多い、ここ北米では祝日ではないけれど、
全身緑の格好をしたり、緑色のお菓子を食べたり!(着色料によるアイシング)と、
「緑の日」として知られています。
といいつつ、我が家は何もしませんでしたが。。。

こういう季節行事には、それにちなんだ食べ物やグッズがつきもの。
近づくにつれて、お店がこのグッズで溢れてます。
お店をぐるっとするだけで、お祝いの仕方が何となく分かります。

今は、4月12日のEaster(復活祭)に向けて、盛り上がってますね。
愛してやまぬWilliams-Sonomaの入り口には、デーンと。
f0130621_1471232.jpg

宗教上のことはよくわかりませんが、
この復活祭を機に、動物性食品(卵、肉など)が解禁になるため、
この日は、卵やバターをふんだんに使った、お菓子やケーキなどが作られるそう。
なるほど、久しぶりのごちそうなんですね!

イースターといえば、イースターエッグに、イースターバニー。
しかも、すべてパステルカラー。
なので、数ある祝日の中でも、グッズ自体一番Lovely!

お皿にもうさちゃん。
イースターに関係なく、欲しい!!
f0130621_1413147.jpg

イースターエッグを象った、チョコレートも沢山。
こんなガラスフードに入れると、わくわく度アップです。
f0130621_14203296.jpg


それにしても、Williams-Sonomaは季節ごとに、
テーブルを提案していて、アメリカ行事を知るには、絶好のお店。
中々Americanのお宅に伺う機会がないので、これは貴重と言えましょう!

しかも、お店で毎週日曜、Cooking Classがあることを知ってしまいました。
なんと無料で!!!
まぁ、無料なのでどの程度の物なのか分かりませんが、
何事も経験ですし、あのWilliams-Sonomaですから。
英語でお料理を習えるとは、ずっとしたかった事なので楽しみ~~♪
[PR]
by gold_99 | 2009-03-18 14:30 | American

海外での寝具の買い方(今日は長いです!)

新築で入った、今のこのアメリカのおうち。
確かにシンプルすぎるくらいシンプルだけれど、
収納は沢山あるし(ありすぎ?)、5段ものガスオーブン、広いパティオ・・・と、
いいところいっぱい。

が、が、が、、、
私のミスにより招いてしまった最大の不満。
どうやら夫もそれを不満と感じているらしく、この度晴れて解決となりました☆

それは、、、ベッドの事。
遡れば、アメリカに来たばかりの8月。
普通アメリカのおうちは、Furnished(家具付き)なのですが、
我が家は違い、ソファーからテーブル、ベッドと1つ1つ揃えてたのでありました。

特にベッドに関しては、
新しいベッドのフレームを、1シーズン前の商品だからと、
数十万するものを数万で手に入れたり、
シモンズの新中古品のマットレスを運よく譲って頂いたりと、
それはそれは順調な滑り出しでございました。

流れが変わりだしたのは(ちょっと大げさですね。。。)、
「さぁ~、シーツやカバーを買いましょう!」という時。
日本でも使っていたシモンズをまたアメリカで使えるなんて!
(シモンズはアメリカではそんなに高くありません。)
と有頂天になっていたワタクシ。。。

さぁ、寝具売り場に行きました。
が、えっ、、一体どういう買い方すればいいの??と言いたくなるぐらい、
いろーーんな物があったのです。

シートとかカバーとか、羽毛布団とか別々になっている物、
これら一式がすべてセットになって、一つにまとめられている物。

1つ1つ選ぶのは大変だからと、セットの物を買うことに。
またまたその後も、値段は色々、柄は色々とあり。。。

初期投資は安くしたいと主張する夫、
どうせなら素敵なので寝たいと主張する私。
おそらく2時間位は、売り場であーだこーだともめていた気がします。。。

ひと悶着の末、購入したのがこちら↓
(あまりに悔しかったので、ずっとこの紙を取っておいてありました。。。)
f0130621_162830.jpg

見た目はいいでしょ!見た目は!!

こういうクッションに溢れたベッド、よく映画で出てきたりしますよね!
「こんな王様みたいなベッドで寝てみたい!」と、最後の一押しで購入に至りました。

がが、、、
いざ使ってみると、こんなクッションばかりいっぱいいらないんです!!!
念のため、これは枕ではないんです!!
何のために使うんでしょう、これは一体!!
f0130621_167319.jpg

見えます??このクッションみたいの。
Euro Shamとか、Decorative Pillowとかと言うんですけれど、全部で4つも!!
16ピースのうち、全く無駄な物が4つもあったのです。。。

しかもしかも、もぅぅぅ!!とさけびたくなるのが、
この4つのうち、実際にクッション自体があるのは、2つだけなんです。。。
後の2つは、カバーだけ。
カバーだけあっても、使わないんだからクッションを買うなんてことしないし。
じゃあ、なぜ2つはクッション自体が入っているのか。。。
(状況分かります??)
余計無駄!!とさらにさらに、悔しくなりました。。。

もちろん中身は表記されているのですが、
こんなからくりは分かるはずがないし、
王様のベッドしか頭になかった私は、かっこいいかも!と思ってしまったのです。。。
しかも、Shamtとか単語分からないし、そもそもBed Setが分からず。。。
う~~~、おばかでした。。。

でもねでもね、、、
ベッド売り場に行くと、み~~んなこんな感じですよ!!
アメリカ人が、この大量のクッションぽい物をどうやって使うのか。
また、寝るときはこの大量のクッションぽい物をどこにやるのか。
非常に非常に、知りたいところであります。

純Japaneseの我が家の場合、
この4つのクッションぽい物はは、クッションとして代用できるわけでもなく、
ベッドと壁の間にさびしく落ちております・・・。
ま~~~たく使っておりません!!

しかも、他のシーツ類も、マットレスにかぶせても、
寝てる間に角から外れてぐちゃぐちゃになるし、
なぜか体とすれて、大量の毛玉だらけだし・・・(綿に毛玉が出来るのか?)。
誰かが泊まりに来る前に、買い換える!と心に決めていたのであります。
それが、今週末夫の友人くんが泊まりに来るとのこと!!

なんと、私からではなく、珍しく夫からシーツ類を買おう!とお言葉が!
あら、、、珍しい。。。
でも、それだけ君もイヤだんったんだねぇ。。。ごめんよ。。。

というわけで、
Amazon様様から先日、ホテル仕様のいいものがお得で手に入り↓
f0130621_1626986.jpg

もう肌触りも全く違うし、寝てる間に角が取れてぐちゃぐちゃにならないし、
もう快適、天国。

海外で寝具(ベッド&マットレスを除いたシーツ類)を買う際、
私のような失敗をしないためには、以下の物で、十分と思われます。
(最初はゴージャスでいいかも!と錯覚するのですが、結局は全く使わず、
別々にAmazonなどのサイトから買ったほうが、後々使えます!)


 ・Sheet Set(マットレスカバーと、その上に敷くシーツ)
 ・Pillow Case(枕カバー)
 ・Pillow(枕)
 ・Duvet Cover(掛け布団カバー)
 ・Comforter(掛け布団)


***
長文投稿失礼しました。。。

晴れて不満が晴れた私の喜び、理想と現実はいかに違うかを思い知り、
また今後どなたかの参考になれば、、、
という、私の想いが伝われば、幸いでございます。
[PR]
by gold_99 | 2009-03-09 16:37 | American

Daylight Saving Time Has Begun!

本日(2009年3月8日)から、アメリカは再びSummer Time開始。
今日の深夜2時に、Summer Timeに切り替わった模様です。

なぜに2時?
天文学的な問題なのでしょうか、星や太陽の位置との関係?
しかも、世界共通ではないところが、ますます私を悩ませます。。。

金曜日にAdult Schoolの先生からの一斉メールで知った、
このSummer Timeへの移行。
メールが来なかったら、私はきっと気づかないでしょう・・・。

この時計のからくりのせいで(PC、携帯などは自動的に切り替わります!)、
日曜日にもかかわらず、事実上普段より1時間早く起きる羽目に。

☆業務連絡☆
日本時間の深夜12時は、アメリカ時間の朝8時でございます。
どうぞよろしゅう。。。
[PR]
by gold_99 | 2009-03-09 15:15 | American