カテゴリ:Traveling( 29 )

マウイ島旅行 ~Tropical Flower~

お花が好きなので、旅先でも気になります。
特に南国は見慣れないお花が沢山あって、カメラを持ってお散歩するだけでもたのし♪

ハイビスカスはおなじみ。色とりどり。
f0130621_1532301.jpg

f0130621_15325939.jpg

ブーゲンビリアも街にとても映えます。
f0130621_1534289.jpg

f0130621_15343377.jpg

土手にさく鮮やかなブーゲンビリア。
新婚旅行に訪れたポルトガルのマディラ島の風景にそっくりで、まるでデジャブ。
f0130621_15364810.jpg

Tropical Flowerの中での一番のお気に入りは、プルメリア。
白と黄色のグラデーション、花びらの重なり具合がなんとも言えず可愛いです。
f0130621_15382525.jpg

こんなかわいいお花なので、草花かと思いきや、木にさくお花です。
f0130621_15394354.jpg

ごつごつした木から、こんなにも可憐なお花がさくとは・・・。
ギャップもまた魅力です♪

名前が分からないのですが、こちらも印象的。
f0130621_15412549.jpg

マウイ島は、”花々の王”と呼ばれる「プロテア」と言うお花が有名で、
プロテアにもいろんな種類があるのらしいのですが、
その一種でしょうか???
お花の部分をぎゅっと握ると、レモンのような芳しい香りがします。
f0130621_15433066.jpg

スーパーにも、お花束になって売られていました。
どなたかご存知の方いらっしゃいましたら、ぜひ教えてください。

一番カメラに収められてうれしかったのは、やっぱりこちら。
f0130621_15454827.jpg

ご存知でしょうか?
全体像はこんな感じ。
f0130621_1547378.jpg

”Bird of Paradise"、日本語では"極楽鳥花"というなんとも豪華な名前のお花です。
初めて目にしたのは、祖母のお葬式の時で、何これ~~と言うくらいびっくりしました。
Californiaの我が家の周りにも沢山さいているのですが、
いつも車なのでゆっくりカメラを構える事ができず、やっとチャンスが巡ってきました。

まさに鳥のよう、名前を最初につけた人、大ヒットです♪
f0130621_15522590.jpg

嬉しくて、沢山撮ってしまいました^^
f0130621_1553087.jpg


街のいたるところにある、こんな扇形の葉っぱ?
何だかとても怖いです・・・。
f0130621_15555253.jpg

ゴルフ場にも、こんなのが沢山。こちらも怖い。
f0130621_1556285.jpg

これもなんていう名前か分かりませんが、よくアレンジに使いますよね?
f0130621_15582075.jpg

ハランのような葉っぱも沢山あり、アレンジに使えるわ!と、すぐ考えてしまいます。

Floral Designの先生が、Tropical Flowerは"Simple is the Best"と、
教えてくれましたが、それぞれが個性的だからなのでしょうか。
何となく、感覚が分かったような気がしました。
この感覚を即実践するためにも、お花やさんでお花束を買って、
コンドで花瓶に生ければとよかった・・・と、少し悔やまれます。
[PR]
by gold_99 | 2010-03-27 16:03 | Traveling

マウイ島旅行 ~海には自然がたくさん~

今回の私にとってのハイライトは、Whale(くじら)とシュノーケル。
まずは、くじらから。

私たちよりも一日早く到着していた、Indianの友人から、
「今朝ホテルからくじらを見たよ~!」と聞き、きっとこの人ラッキーだったんだなと
しか思っていませんでしたが、夕暮れ時に目をじっと凝らしていたら、
あちこちに見えるじゃありませんか!?

そんなに遠くはない沖の至る所で、Whaleのしぶきがあがっています!!
f0130621_5434077.jpg

尾ひれや背びれがくっきり見えることもあり、
f0130621_545631.jpg

f0130621_54638100.jpg

その度に、みんなから拍手。
Whale Watchingで船でかなり近くで見えるツアーもありましたが、
こんな距離からでも、はっきり見え大興奮!!

また別の場所では、イルカの大群♪
f0130621_5484628.jpg

これも、私ははじめて。
イルカって本当に漫画やアニメに出てくるみたいに、飛ぶのです!
f0130621_5511517.jpg

早いので、なかなか写真には収められませんでしたが、
私の頭にすっかりあの姿が焼き付いています!

アメリカ人に"Little Tokyo"と揶揄されるオアフ島とは違い、
マウイ島は、そんなに人も沢山いないし、自然がまだまだ残っていて、
こんなに間近に見れて、予想もしていなかったのでびっくりしました。

さてさて、お次はSnowkel(シュノーケル)。
f0130621_559352.jpg

ワタクシ、プールでも10m位しか泳げませんので、、、
波打ち際でパチャパチャやっているだけでも十分楽しめるので、
最初は拒否しておりましたが、道具一式が一日$9で借りられるので、
あれよあれよと言う間に、私の分まで借りられてしまいました・・・。

Chinese男性と、夫が最初にしましたが、
息は苦しそうだし、おぼれたらお水を沢山飲んでしまいそうだし、
断固拒否していたのですが、すぐそこにお魚がたくさん見られるって言うじゃないですか!!

仕方ないな~~と、ブーブー言いながら、教えてもらうことに。
最初のビーチは、こんな岩場があるところ。
f0130621_601271.jpg

あまり遠くはないのですが、飛込みができるくらいもう十分深く、
f0130621_61142.jpg

ここにお魚がたくさんいるらしい!!
いざ、出発!
f0130621_6487.jpg

ワタクシ実は、Kids用の浮き輪も一緒に借りましたの・・・。
目立ちますわね・・・。こんな滑稽だったとは、知らず。。。
フィンもあるから、進む進む!
ちゃんと岩場まで来れました!
f0130621_661724.jpg

この海の中。
まさに、"Finding Nimo"の世界☆
黄色や黒のストライプから、ムラサキ、赤、
声を上げてしまうくらい綺麗なブルーなど、熱帯のお魚がた~~~~くさん。
f0130621_6112051.jpg

シュノーケルのお店で、見つけてみましょう!とこの紙を渡されたのですが、
これ、ほぼ全部見えましたよ♪♪
f0130621_6123372.jpg

手を伸ばせば触れるくらいの近さで、何千ものお魚と一緒に泳ぎ、心から感動しました。
この歳で、海の中にはこんなにも綺麗な世界があるのかと、初めて知りました。
少し勇気を出せば世にも美しい世界が知れたのに、カリブに行ったときも挑戦せず、
人生、無駄にした気分です。

これには、はまりました。
夫やChineseが疲れたと、砂浜にいる時も私はずっと海の中。
1箇所では飽き足らず、別のビーチへ。
f0130621_6205523.jpg

Reserve(保護区)になっていて、あまり沢山の人が泳ぎすぎると、
自然を破壊してしまうとかかれてありましたが、波もなく、岩場がたくさんあり、
少しだけ行って見ることに。
こんな森林を抜けて、ビーチに辿り着きます。
f0130621_6234738.jpg

f0130621_6241181.jpg

砂浜というよりは、石がごろごろ。
こんな綺麗な鳥もちらほら。
f0130621_624584.jpg

f0130621_6252688.jpg

この海の中は、一つ目よりもさらにさらにすごかった!!
何千ではすまないくらいの、綺麗な熱帯のお魚が~~。
しかも、魚群と言いますか、なんのお魚か分かりませんが、
普通の青魚のような大群がものすっごい数、泳いでいて、これも初めての世界。

でも、周りの熱帯魚が美しすぎて、何だかこのお魚に申し訳なくなってしまいました。。。
いわしやさばなんかも、普通すぎてなんだかかわいそう・・・、と
一人泳ぎながら考えてしまいました^^
(食べれば、美味しいけれどね・・・。)

とにかくシュノーケル、最高でした☆
泳げないのに薦めてくれた、Chinese、夫には感謝です。
これからビーチに行ったときは、必ずしてしまいそうです、XOXO♪
f0130621_6312493.jpg

[PR]
by gold_99 | 2010-03-26 06:31 | Traveling

マウイ島旅行 ~まずはビーチ~

前回のカリブ海旅行で、"泳げない"ということを久しぶりに思い出した私ですが、
泳げなくても、抜けるようなブルーの海を見るのは大好き。

今回泊まったコンドは、海の目の前。
f0130621_1312754.jpg

朝は波の音で目が覚めるという、おまけつき☆
f0130621_13124422.jpg

というのも、マウイ島は風が強いせいか、波が高いのです。
f0130621_13141319.jpg

海からは、ざぶーん、どぶーん、と怖いくらいの音で、波が押し寄せます。
f0130621_131594.jpg

だから、サーファーが多いのですね。
f0130621_13154830.jpg

今までサーフィンを格好いいと思ったことは、一度もありませんでしたが(Sorry...)、
高い波の間を、びゅーんと泳ぐ姿、とっても気持ち良さそうでした。
高波あってこそのサーフィン。
でも、この波は、泳ぐには適しませんねぇ。
マウイのビーチは、泳ぐ人用、サーファー用、とはっきり分かれている気がします。

泳ぐには、こんな穏やかでないと。
こちらは、Ritz Carltonの前のビーチ。
f0130621_1317554.jpg

ビーチの前には、豪華コンドの数々、、、ため息。。。
f0130621_13212960.jpg

こちらは、Ritz Carlton Residenceのもの。
f0130621_13225711.jpg

不況のせいで売れていないのか、空室が目立っていました。
マウイはサンセットがとても綺麗なのですが、こんなバルコニーに座って、
一日ぼーっと眺めていたら、どんなにいいことでしょう。
(おばかになっちゃう???)
f0130621_1325549.jpg

夕暮れで、やしの木の葉が一本ずつクリアになり、とてもロマンティック。
f0130621_13261164.jpg

f0130621_13275976.jpg

こちらは別のビーチから。
息をのむほど、美しいですねぇ。
f0130621_13291531.jpg

ビーチでは、Whale(くじら)もなんと肉眼で見えました!
Whale Watchingも初めてだったので、これにも感動☆
お次は、ここから始める事にしましょう。
[PR]
by gold_99 | 2010-03-25 13:32 | Traveling

マウイ島旅行

夫のSpring Breakを利用して、5日間マウイ島へ。
f0130621_1250367.jpg

行き先が決まったのは、旅行のわずか2週間前。
夫のお仲間とコロンビア旅行に行くか、ずっと憧れだったウィスラーにスキーに行くか、
もうどこへも行かないか、、、かなりの話し合いでした^^;

コロンビアは犯罪発生率にとどまらず、誘拐発生件数も世界トップクラス、
ウィスラーはなんと1日リフト券が$150もする、ブランドスキーリゾート、と
色々と問題ありあり。。。
結局、他の友人たちに混ざって、ハワイのマウイ島への旅行となりました。

夫の友人は、インド人、アメリカ人、メキシコ人、中国人と様々。
全部で15人くらいでしょうか。
フライトやホテルは別々で、いつも一緒ではなかったのですが、
Dinnerは時折一緒にしたり、それぞれの興味により、
別々のグループに加ってゴルフをしたり、火山に行ったり、
異なる国籍の人と旅行するのは、あまりない経験で楽しいものでした。
かくいう私たち夫婦も、Chinese男性とコンドをシェア。
(普段仲良しのChineseオクサマのご主人、オクサマは北京に出張中)

カリブ海クルーズに引き続き、2回目のビーチへの旅行。
前回のカリブ海は、ちょっと私たちのようなまだまだ元気な若い?夫婦には、
のんびりすぎ、食事もいつも船の中なので、少し飽き気味でしたが、
今回のマウイは最高。
f0130621_12573339.jpg

今までビーチにはあまり興味ありませんでしたが、う~~ん、今回は楽しかった♪

旅行記ってどうまとめていいか、難しいのですが、
印象深い点ををピックアップして、少しずつ書いていきたいと思います。(今度こそ!)
f0130621_12581140.jpg

[PR]
by gold_99 | 2010-03-25 12:59 | Traveling

カリブ海クルーズ

冬になると暖かいところに行きたくなるのは、人間の性のようで、
我が家も例に漏れず、今回の旅行は暖かいところへ。

ドドーンと、9泊10日のカリブ海クルーズに行ってきました!
f0130621_5454585.jpg

私たちが選んだのは、マイアミ発(ほとんどのクルーズはマイアミ発)で、
カリブの島々を南回りに周り、合計5つの島に寄港するクルーズ。

コースは、こんな感じ。
(即席で作ったので雑ですが、行きは赤で、帰りは緑です。)
f0130621_5532065.jpg

12/18 Miami
12/19 At Sea
12/20 Samana (ドミニカ共和国)
12/21 Tortola (ブリティッシュ・ヴァージン・アイランド)
12/22 St. John's (アンティグア)
12/23 Bridgetown (バルバドス)
12/24 Basseterre (セントキッツ ネイビス)
12/25 At Sea
12/26 At Sea
12/27 Miami

初めての船旅、初めてのビーチに興奮し、
f0130621_634054.jpg

写真を1000枚くらい撮ってしまったので、写真の整理を徐々にしつつ、
f0130621_5505719.jpg

少しずつ、今回の旅行を記していきたいとおもいます。
f0130621_61665.jpg

どうぞお付き合いくださいませ^^
f0130621_614724.jpg

(船から下りたのは一昨日なのに、まだゆらゆら揺れてる気が・・・。三半規管が・・・)
[PR]
by gold_99 | 2009-12-30 06:06 | Traveling

イギリス旅行 ~イギリス人の御宅~

今回滞在したのは、イギリス郊外の友人宅。
ベビーシッターをしながら、音楽の勉強中です。

オーナーのお宅の目の前のコテージに住み込みとのこと。
事前からオーナーのおうちは、すごい!!と聞いていたので、
とても楽しみにしておりました。

撮影の許可を頂きましたので、
しかと一眼レフに収めさせていただきました。

まずは、友人のコテージ。
f0130621_425188.jpg

友人はここで、もう一人の学生さんと2人で住んでいます。(2人ともベビーシッター)。

で、このコテージの目の前に広がる、オーナーの御宅。
f0130621_427129.jpg

どどーん!!と。
裏側から見ると、
f0130621_4291195.jpg

このおうちだけでびっくりするのは、まだ早いです!
目の前には、どどーんと、お庭が広がっていました。
カメラでは収めきれない、大きさ。
お庭というよりも、公園に近いです。
f0130621_4311517.jpg

ん???なにこの円形物体は?
f0130621_4342568.jpg

木から直にぶら下げた、「ブランコ」だそうですよ。。。
は~~。
このほかにも、トランポリン。
f0130621_4471890.jpg

お決まりのテニスコートもありましてね。。。
カメラパシャパシャ、口がポカーんと空いてしまいましたわ。。。

オーナーの留守中も、毎日ガーデナーさんが来ていて、
芝生を刈ったり、お花のお手入れしたり。
f0130621_4373781.jpg

f0130621_4402866.jpgf0130621_4405544.jpgf0130621_4435710.jpg











f0130621_4433417.jpgf0130621_4441968.jpg







春らしいお花が沢山。
こんな広大な場所があったら、毎日楽しいでしょうねぇ。
お庭の一角に、ワインセラーまで。
f0130621_4483247.jpg

おうちの中も、拝見させていただきました。
外観はとっても古いのは、中はとーーてもモダン。
f0130621_4514293.jpg

もういや~~ん!!
こんな広いキッチンがあったら、お教室でもデモでも、
何でも出来るじゃぁございませんか!!
f0130621_4531689.jpg

リビングは、天井も壁もすべて!ガラス張りになっていて、
f0130621_45454100.jpg

日中は太陽さんさん。あ~~、こんなところで、ゆっくりしたいわ~~。
応接間もお手本のような、家具の配置。
f0130621_4561398.jpg

この階段の上に広がる世界も、すんごかったのですが、
f0130621_4571586.jpg

よそ様の御宅ですから、この辺にしておきましょうか。。。

お子様(4人もいる)の教育の仕方も独特だったり、
イギリスのアッパークラスの家庭はこんな風に生活するのねと、
大変よい社会勉強になりました。

+-+-+
1週間のんびり、が、予定していたことはすべてでき、
もう一回行けてよかった。。。
今回、アメリカからイギリスに行ったことで、
生活者の立場から、アメリカもイギリスも客観的に見ることができました。

もちろんイギリスには、私の興味のど真ん中直撃!の物が沢山あるけれど、
(アメリカには、こういうものがほとんどない。。。)
アメリカだって、気候はいいし食材は豊富だし住環境はいいし、
結構アメリカもいいところあるじゃない!!とちょっと見直すきっかけにもなりました。

でも、でも、、でも、、、
やっぱりイギリスはよいです、私にとっては特別です。

Kちゃん、1週間お世話になりました。
楽しい思い出をありがとう。
海外に暮す者同士、お互い健康に気をつけて、一旗あげましょう♪
+-+-+-
完(お付き合い頂き、ありがとうございました。)
[PR]
by gold_99 | 2009-04-03 05:08 | Traveling

イギリス旅行 ~スーパー拝見~

段々、終わりに近づいてきました、旅行記。
もう少々、お付き合いくださいませ。。。

今回は友人宅に滞在したので、日常の暮らしにも触れる事が出来ました。
お買い物は、Sainsbury’sで。
f0130621_5172155.jpg

私もよくお世話になりました。
イギリスらしい物を、ちょっと集めてみました。
やっぱりスコーン!
f0130621_5182832.jpg

スーパーに売っているのでも、とってもおいしいの。
クロテッドクリームをたっぷり塗って、たっぷりのミルクティーと共に。
f0130621_5191944.jpgf0130621_519385.jpg
滞在中の朝食は、いつもこんな感じでした。




チョコレート天国。

f0130621_5231317.jpg

駅に行くと、こんなのがズラーーーと並んでるんです。。。
アメリカではそういう光景はあまり見ないです。。。
意外ですね、アメリカの方がありそうですが・・・。

ビスケット天国。
f0130621_5232781.jpg

やっぱりこれにもたっぷりのミルクティーが合います。
私も留学中、よーーーく食べました。(これでも、太ったと思う。。。)

クリスプ天国。
イギリスでは、ポテトチップスの事をクリスプって言います。
アメリカでは、チップスと言っていますが。
f0130621_525897.jpg


おまけで、トロピカーナのジュース。
f0130621_5273411.jpg

別にトロピカーナがイギリスらしいわけでもないのですが、、、
アメリカでは、大体は2リットルはあろうかという倍のサイズなので、、、
久しぶりに1リットルパックを見て、妙に小さく感じました。

最後に、やっぱりイギリスといえばこれでしょう。
f0130621_5301144.jpg

選びたい放題の紅茶です。
イギリスで頂く紅茶は、本当においしいですね。
硬水のせいか、とっても濃く出るのでミルクティーにぴったり。

紅茶は、English TeaとかBlack Teaとかよばれますが、
本当に真っ黒に出て、ミルクティーに最適なコクが出ます。
しかも、お安いのが逆においしいから嬉しい。(本場なので、高い紅茶などないが。。。)

実は今回、母から銘柄指定で紅茶を頼まれていました。
f0130621_5333924.jpg

これがその紅茶。Tailers of Harrogate
イギリス最高級紅茶らしく、、、
日本ではホテルオークラやリッツでしかお取り扱いがなく、、、
中でも一番有名なヨークシャーゴールドは、
なんとなんと、250gで約2500円もするらしい。。。
まぁ、そんな高い紅茶を、、、と娘としては驚愕。

母上、イギリスではこれはスーパーに売っている普通の紅茶ですよ!
f0130621_544997.jpg

しかも、同じ250gで300円もいたしません!!!

わが目を疑いましたねぇぇ。
もちろんコクがあって、とてもまろやかなミルクティーになり、
おいしいのは間違いないのですが、なぜに最高級、なぜに2500円。。。
国境を越えるというのは、恐ろしい事です。。。
まぁ、しっかり買い占めましたが 笑
[PR]
by gold_99 | 2009-04-02 05:48 | Traveling

イギリス旅行 ~戻りたかったあの場所へ③~

イギリス好きの人は、おそらくそれぞれお気に入りの公園があると思うのですが、、、
Regent Parkだったり、Hyde Parkだったり。

私のお気に入りは、Green Park。
ピカデリーサーカスから、すぐの場所にあります。
(同じような写真ばかりで失礼します。。。)
f0130621_2285123.jpg

しつこいですが、、、スイセンの黄色いじゅうたん
f0130621_2293291.jpg

f0130621_2305454.jpg

この日は冬のような寒さで。。。
ベンチでしばしボーーというような事は、とても出来ませんでした。。。
f0130621_2313065.jpg

公園から出てしまうのが、名残惜しくて、何度も何度も振り返り。
f0130621_2311061.jpg

今度この景色に出会えるのは、いつでしょうか・・・。
[PR]
by gold_99 | 2009-04-01 02:34 | Traveling

イギリス旅行 ~戻りたかったあの場所へ②~

いつも人でいっぱいの、ピカデリーサーカスを抜けて、
f0130621_1464024.jpg

お昼は、留学中これでもか!!という位通った中華のお店へ。
(多分このせいで、太ったのだと思う・・・)
f0130621_1473211.jpg

中華街には沢山お店があるのだけれど、ここが私のお気に入り。
「美食軒」(←名前もいいでしょ♪)
f0130621_1492560.jpg

何を頼んでも絶対にはずれはなく、夫も母も友人も何度もお連れしましたが、
みんなおいしい!と大絶賛☆☆☆

看板メニューの福建炒飯。
f0130621_1552434.jpg

炒飯の上に、海鮮のあんかけが乗っているシンプルな物なのだけれど、
お味付けが、絶妙なのです。
f0130621_155359.jpg

お会計時、なんと学生証を見せると15%割引になりました!!
あらまぁ、こんなサービスが私がいた頃にあったならば、、、
きっと私はもっともっと太っていたわ。。。危険危険。。。

エナジーチャージされ、
これまたいつも人でいっぱいでRegent Stを抜けると、
f0130621_245029.jpg

私の通っていた大学があります。
f0130621_1585628.jpg

Londonを訪れるときは、必ず見に来るこの場所。
あっ、ちゃんとあった。(あるのは当たり前だが、、、)と確認しにきます。

Londonの生活があったからこそ、今の私がいると思う。

ずっと音楽を専門にしてきたのに、一般企業で働こうというきっかけや勇気が出たのも、
今アメリカで生活していても、特に戸惑うことなく生活に溶け込めるのも。
Londonで見たもの、聞いたもの、会った人、すべてが今につながり、
目が外に向くようになった事も。
きっとLondonに行っていなかったら、夫とも結婚していなかっただろうとさえ思う。。。

London is all the world for me.
[PR]
by gold_99 | 2009-04-01 02:19 | Traveling

イギリス旅行 ~戻りたかったあの場所へ①~

最終日の金曜日は、試験の終了した友人と再びLondonへ。
思い出の場所へ、お付き合い頂きました。

さて、どこでしょう?
f0130621_164248.jpg

トラファルガー広場が見えてきました。が、目的地ではありません。
f0130621_173764.jpg

テムズ川を渡って、
f0130621_113611.jpg

反対側にはLondon Eye(観覧車)
一回乗るのに、2,000円くらいするので、未だ乗った事なし・・・
f0130621_11124.jpg

そう、私が見たかったのはこれです。
f0130621_1121258.jpg

ビッグベンと国会議事堂。
f0130621_1154135.jpg

住んでいた頃は毎日見ていたので、なんとも思わなかったけれど、
新婚旅行で再び見たとき、あら、こんなに美しかったかしら、、、と改めて感動したの。

特にこのビッグベン。
f0130621_1173932.jpg

派手さはないが、この緻密な金と白の装飾。
この威厳と風格に、見とれてしまいます。
夜になると、ライトアップされて文字盤に光がともり、この金のひびみたいのが、
浮かび上がるのですが、それもまた幻想的。

ビッグベンのちょうど裏側には、Westminster Abbey
f0130621_1253234.jpg

ダイアナ元妃の、葬儀が行われたところですね。

てくてく歩くと、St.James Park.
比較的こじんまりした公園ですが、ゲートはこんなに立派。
f0130621_127405.jpg

イギリスの公園の入り口は、いつもこんな感じです。
門をくぐると、、、私の思っていた通りの景色が広がっていました。
f0130621_1295677.jpg

スイセンが黄色のじゅうたんとなり、、、
そう、私はこの景色を見に、今回イギリスに来たのよ。。。
f0130621_1302349.jpg

6年前に日本に帰国する前に見たのと、全く同じ風景。
f0130621_1344360.jpg

f0130621_1361691.jpg

あなたはイギリス在住だから、いつもこの風景をみてるのね・・・。
f0130621_136493.jpg

偶然にも、同じ季節にもう一度訪れられた幸運に、ただただ感謝です。
[PR]
by gold_99 | 2009-04-01 01:40 | Traveling