カテゴリ:☆Floral Design( 24 )

お屋敷の全貌です。

ずーっと引っ張ってしまった、お屋敷内部のクリスマスツリー。

お屋敷の中にはダイニングルーム、ボールルーム、書斎等々、
それはそれは素晴らしいお部屋が沢山あるのですが、
その一つ一つにテーマを決め、ツリーを飾り、お部屋全体もデコレーションし、、、
まさにこれは夢の世界。
お手伝いして、色んなお部屋を回るだけで、もうクリスマス気分。
もうお腹一杯です^^

それでは、一足早く、クリスマス気分をお楽しみ下さいませ♪♪
(写真が、たーくさんです。あしからず。。。)
  *  *

私が担当させて頂きました、Men's Cloak Roomのテーマはスキー。
最初はこんなでした↓
f0130621_13471075.jpg

ゴンドラや、そりなど、オーナメントがとにかく可愛い!!
ぐらぐら!のはしごに登り続けること、3日間、
こんな可愛い温かい、冬らしいツリーが出来上がりました。
ものすごいオーナメントの数^^
f0130621_13494277.jpg

トップには、スキーじいさんが見守ります。
f0130621_13505384.jpg

お部屋の中にも、巨大スキーじいさん!
f0130621_13522233.jpg

さて、以前ご紹介したメインルームの巨大ツリーはどうなったのでしょうか。

Before↓
f0130621_13535270.jpg

After!!!↓
f0130621_13542710.jpg

超がつくほどのベテランアメリカンマダムが、仕上げました。
アマリリス(フェイク)と、ツララのガラスが見事に入っています。
ツリー自体に、螺旋を描くように入れていっているのですが、
とても自然です!
f0130621_13553494.jpg

このお部屋はとても広いので、まだまだ沢山ツリーがありますよ!
f0130621_1357977.jpg

f0130621_13581554.jpg

お部屋自体のデコレーションもとてもステキ!
f0130621_13585399.jpg

こういったものもすべて商品で、売り物なのですが(この売上が来年の運営費になる。)、
置き方だって、やっぱりセンスなのですよね・・・。
f0130621_13591461.jpg

あら、カワイイ☆
f0130621_1411160.jpg

グリーンのサンタさんも、中々GOOD!
f0130621_1414480.jpg

f0130621_142448.jpg


ツリーに戻りましょう。
お次は、昔はキッチンだったキッチン(?)にある、ツリー。
これも、かわいい。
f0130621_1454092.jpg

キャンディ♪
f0130621_146880.jpg

その奥には、別のエピキュリアンツリーが。
f0130621_1465491.jpg

ちょっと寄ってみましょうね。
f0130621_147202.jpg

チーズに、シャンパン、パンまで、こんな可愛いのがあるんですねぇ。。。
f0130621_1484579.jpg

キッチンにも商品のディスプレイがずらり。
クリスマスにちなんだキッチン雑貨、欲しい物ばかり。
f0130621_1494814.jpg

その目の前は、ダイニングルーム。(暗いですが。。。)
まだ完成していないようですが、すべてティファニーの食器だそうです。
f0130621_14115015.jpg

なぜかは分かりませんが、毎年ティファニーのダイニングセットに、
私が習ったおばあちゃん先生が、生花でアレンジをするそうです。

最後に、私の一番のお気に入りのキッズルーム。
これは圧巻!!
f0130621_1414115.jpg

オーナメントも最高に可愛くて、
f0130621_1414453.jpg

大人でも目がきらきらしてしまいます。
f0130621_14152462.jpg

私とお教室が同じだった、体も作品もダイナミックなアメリカンマダムが担当。
ご覧下さい!
調子に乗って、ツリーのふもとに座っちゃいました♪
f0130621_14185052.jpg

横にはこんな大きなサンタさんもいて、
f0130621_14192264.jpg

キッズが喜ぶ事、間違い無しです。

  *  *

約3週間、お屋敷内とCafeと担当しましたが、
毎回の作業も楽しく、お屋敷内をぐるりと回って、皆さんの進捗や、
色んなクリスマスのお話をするのも、とても楽しい経験でした。

来週から一般公開される(お屋敷内を見学でき、オーナメントを購入できます。)ですが、
ボランティアした私たちには、その終了後残っている物が、
なんと50%OFFで、購入できるんだそう!!
せっかくなので、記念に何か見つけられればと思っています。
どうか、いいものが残っていますように☆☆

  *  *

さて、アメリカ自体はクリスマス気分になるのは少し早く、、、
明日からは、日本人にとってのお正月に匹敵するともいえる、Big Event,
ThanksGivingで4連休です。
そう、ターキーごろごろの季節です。

今年は我が家は、アメリカ人宅のディナーに招待されていたり、
もちろんBlack Fridayのセールにも行きますし、
プチホテルでのブランチも友人たちと計画されていたり、
充実したHolidayが過ごせそうで、楽しみです。

Happy Holidays♪♪
[PR]
by gold_99 | 2009-11-26 14:28 | ☆Floral Design

ついに終了!

先日ご紹介しました夢の世界。

先週で私たちのグループが担当した、Cafeとクリスマスツリーのデコレーションが、
約3週間かけて、めでたくすべて終了しました!

先日はガーランド集をご紹介したので、今回はCafeの完成形と、
豪華なリースをご紹介する事にします♪

まずは、めでたく完成しましたCafeです。
Cafeでお食事する方々を、ふくろうちゃんが見守ってるというコンセプト。
f0130621_8213094.jpg

仕上げに、とてもシックな珍しい麻のようなリボンを入れました。
f0130621_8215072.jpg

所々にいる、ちびふくろうちゃんもとてもLovely!
f0130621_824016.jpg

さて、Cafeの中には何と本物の木も、電飾ぐるぐるになって、
設置されているのですが(びっくり!)、、、
f0130621_8311328.jpg

その枝の間にもふくろうちゃん!上から見守っているイメージ。
f0130621_825358.jpg

こちらの親ふくろうちゃんは大きくて結構重いので、
首にドリルで穴を開け、設置してあります。。。

ちびふくろうちゃんには、ちゃんと巣まで用意しました!
f0130621_8273877.jpg

始めたころは、中々最終形が見えなく、
毎日毎日ふくろうちゃんや他のオーナメントをワイヤーでくくりつける作業で、
帰る頃には手は傷だらけ・・・で、、、意外と大変でしたが、
Cafeに入ってくる方々皆さん、Adorable!、Amazing!と誉めてくださり、
私たちも頑張った甲斐がありました!

  *  *

さてさて、Cafeに入る廊下用に、ゴージャスなリースがかけられました。
もちろん、私が作ったのではなく、、、
ベテランのボランティアさんが作ったものです。

このリースは最終的に展示が終った後、オークションにかけられ、
数百ドルで、落札される模様!
そんな高額で落札される事にもびっくりですが、
こんな大きな(直径60cmくらい)リースが飾れるスペースのある、
大きなお宅があると言う事にもびっくり。

前置きが長くなりましたが、ゴージャスリースをお楽しみくださいませ。

半ドライにしたアジサイをびっしり敷き詰めたもの。
f0130621_8554420.jpg

f0130621_954687.jpg

f0130621_935576.jpg

枝の使い方が見事ですね。
f0130621_951335.jpg

f0130621_961798.jpg

ふくろうちゃんの配置も、絶妙です。
f0130621_964747.jpg


毎回思うのが、、、
これを作っているのはみ~んなボランティアの方々。
プロで活躍しているのではないのですよ。

どこから見ても、フツーのアメリカ人マダムなのですが(失礼・・・)、
どうしてこんなセンスがよろしいのでしょうか。
最近”センス”と言う壁を、強く強く感じます。

では、次回こそ豪華クリスマスツリーをご紹介したいと思います♪
[PR]
by gold_99 | 2009-11-23 09:12 | ☆Floral Design

夢かまことか・・・

以前こちらでお話しましたとおり、
Certification Courseを卒業した後、ゲストボランティアとして、
引き続き、お花に関わっています。

私が通うFiloliは、これから冬を向かえお花もしばらく冬眠に入るので、
一般には2月までClosedとなっていますが、
最も大きなイベント、Christmasのシーズンはメンバーのみに公開されます。

広大なお屋敷全体を(かつては、ゴールドラッシュ時代の大金持ちのお屋敷でした。)、
ガーランド、ツリーで、まさに夢の世界にデコレーションし、
お屋敷内でディナーパーティー、ランチなどが1週間ほど行われます。

すべての飾りつけ(オーナメント)はすべて、
商品として見学に来た人は購入する事ができ、
このチケット代、商品の売り上げだけで、毎年”億”単位あるそうです。
(Bay Areaのお金持ち、恐るべし!)
この売り上げが次の年のFiloliの運営費となり、その意味でも重要なイベントです。

そのお屋敷の飾りつけは、準備、構想はすでに1年前から始まっており、
実際のデコレーションは、1ヶ月ほどかけてすべてボランティアによってなされます。

私のような新米ペーペーの存在は極めて珍しく、
皆さまステキなマダムで、飾り付け、ディスプレイもセンスが抜群のレベルを
優に通り越しており、ボランティアを始めて3週間ほど経ちましたが、
行く度に、もうため息、羨望のまなざし・・・。

抜群のセンスのツリーや飾り付けを見ると、まさに夢の世界にいるよう。
ここのChristmasを知ってしまうと、他のが見れません。(Macy'sなどね・・・)
いいものを知る事は最高の喜びともいえますが、知りすぎてしまうのも怖いものです。

  *  *

前置きがなが~くなりましたが、
私がお誘いを受けてお手伝いしているのは、Cafeのガーランドの飾りつけと、
お屋敷内のMen's Cloak Roomのツリーの飾り付け。

夢の世界は、少しずつご紹介するとし、
今日はまず、ガーランドコレクションにご案内いたします^^

今月末に完成を迎えるので、まだ途中の物もあるようですが、
現時点の物でも、十分ため息ものですので、お楽しみくださいませ。

毎年テーマがあるようで、
今年のテーマは”雪が降った後のクリスマスの朝”
そしてキーワードは、”Owl(ふくろう)”
いたるところに、このかわいいふくろうちゃんが登場しますよ!
f0130621_68454.jpg

私がお手伝いさせて頂いている、カフェのガーランド。
これは初期の段階、最近は随分アップグレードしてきました!
f0130621_7334095.jpg

f0130621_695793.jpg

カフェのエントランス
f0130621_6121680.jpg

他の方の作品も見てみましょう。
f0130621_614263.jpg

ブーツのオーナメント!! 可愛すぎます。。。
f0130621_6144725.jpg

f0130621_6152392.jpg

テーマが決まり次第、オーナメント全部をコーディネイトし、
バイヤーとして働いてくださるボランティアのLucyさん。
彼女の手にかかっているといっても、過言ではありません。

壁のヘリと言うへりは、すべてガーランドでデコレーション。
f0130621_6173334.jpg

f0130621_6184573.jpg

どれ一つ見ても、同じのはなく、みなさまアイディア豊富。
つららの入れ方も、自然で絶妙。
f0130621_6192496.jpg

よーく見ると、中にスイセンの鉢植え(もちろんフェイク)が沢山入っています↓
f0130621_6211644.jpg

今までは、Visitor Center内のもの。
さてさて、お屋敷の中に移動してみましょう!

お屋敷は主にはツリーがメインなのですが、
私のお気に入りのガーランドがありますので、ご紹介しますね。
お見事の一言!!
f0130621_62438.jpg

近寄ってみましょうか・・・。
f0130621_6245722.jpg

ことりさぁ~~ん♪♪
f0130621_6254950.jpg

オーナメントは一つずつワイヤで縛って、ガーランド本体に巻きつけていくため、
あっちを向いたり、こっちを向いたり、とっても難しいのですが、
このことりさんの向き、完璧じゃないでしょうか?
まるで、小鳥さんたちのおしゃべりが聞こえてくるようです♪

こんな夢の世界で一日お手伝いできるので、
朝から夕方まで一日立ちっぱなし、往復車で2時間かかりますが、
全く気になりません!!

次回は、おとぎの世界のようなツリーをご紹介する事にしましょう。
こんな天井に届くぐらいの(お屋敷の天井はとっても高い)ツリーもあり、
f0130621_6311342.jpg

こんな大きなはしごを見たのは初めて!!
先週いったら、この飾りつけも終っていてものすごいステキでした。
私の担当したツリーも、ようやく出来上がりましたので、それは次回のお楽しみ☆
[PR]
by gold_99 | 2009-11-14 06:32 | ☆Floral Design

Graduation Luncheon

待ちに待った、Floral DesignのGraduation Lucheon(卒業パーティー)が、
先週行われ、前の晩からワクワクしながら出かけました。

全コース出席、全宿題提出して、ようやく修了できたこのコース。
f0130621_14411128.jpg

自然が作り出した美しいお花たちに囲まれ、
経験豊富な先生の、毎回豪華なアレンジを目の当たりにし、
今から思うと、夢の様な夏をすごしました。

アルファベット順に名前が呼ばれ、先生から直接手渡し。
”Well Done”(よくやりましたね!)の言葉と共に、
握手とハグで、Diplomaを手渡ししていただきました。

授与式に続き行われた、Luncheon(昼食会)。
このCertification Courseを卒業した希望者は、
Floral Design Committeeに所属する事ができますが、
(つまりは、ボランティアです。)
そのボランティアの方総動員しての、手作りのパーティ。

ある方曰く、
「Committeeのみんなが、マーサスチュワート」なので、
(マーサスチュワートは、アメリカ版栗原はるみさん、といったところ)
お料理も、テーブルのアレンジも、それはそれは力が入り、
参りました!!、という感じ^^

ずらりと並ぶ、手料理。
f0130621_1445634.jpg

圧巻!、の一言☆
f0130621_14472737.jpg

f0130621_14475927.jpg

例えば、サラダなんかも、
いつもスーパーで見かけるお野菜なのですが、
ナッツと組み合わせてあったり、マリネの味加減が絶妙だったり、
今日ほどアメリカの料理に感動したことはなかったかも!?
アメリカ料理がまずい、Unhealthyなんてウソですよ!
家庭料理にこそ、真髄あり!!です!

テーブルのお花も、Holloweenをテーマに、
ずらりと皆さまの作品が並びました。
f0130621_1451729.jpg

f0130621_14513632.jpg

f0130621_145158100.jpg

f0130621_14521533.jpg

f0130621_14523234.jpg

f0130621_14543441.jpg

そして、卒業生のお席はあらかじめ決められていたのですが、
各お席には、フォークと名札がセットされ、
モチーフと共に、こんな風にセットされていました。
f0130621_14553316.jpg

この日は、年に1回のこのCommitteeの総会も兼ねていたようで、
ボランティアの方々それぞれへの労いの意味もあったようです。

ボランティアにも色々あって、
もちろんベテランであれば、お花のアレンジもするし、
お教室での先生のアシスタントもあります。
その他、受講者の出席状況を確認する人、
このような卒業パーティを企画する人、
それぞれにきちんと仕事が当てられていています。

自分の得意な事を生かし、社会に還元し、
しかも自分にとって、意義のあるコミュニティーに属し、
地域に貢献する、というのは、本当にアメリカらしいなぁと感じました。

***
アメリカにいる間は、何かここでできる事があるのではないかと思い、
私も早速このCommitteeにSign In してみました♪

40時間のボランティアをしなければ、
正式なボランティアにはなれないのですが、
早速明日は、”ゲストボランティア”という事で、
このFiloli内のカフェの、
クリスマスデコレーションのお手伝いに行ってきます!

昨年の写真を見せていただいた所、
私の想像よりは、はるかにはるかにゴージャスで、
お手伝いさせていただけるなんて、本当に身に余る光栄。

みなさんプロ並みなので、お邪魔にならないよう、
気をつけねば・・・^^;
***
[PR]
by gold_99 | 2009-10-29 14:56 | ☆Floral Design

Large Arrangements

熟考せよとのことで、Advancedが始まってすぐに与えられていた、
最終週の宿題”Interpretation"(解釈)

みんなそれぞれ、ランダムにカードをピックアップし、
そこに書かれてあるキーワードをテーマにアレンジするのが宿題でした。
宿題を提出するその日まで、お互いカードになんて書いてあったのか、
話すことは、ルール違反。(まぁ、そんな厳しくないけど・・・)

あろうことか、私がPickupしたカードには、
なんと”Oklahoma"と書かれていました。
ひいた瞬間、まさにOh My God!!!
どう解釈すればいいんでしょう???と、この1ヶ月ずっと気が重かったのですが、
Googleで調べてみると、Native Americanの人口が多いとか、
Route 66とか、、、少しばかり情報がありまして、
まさにそのOklahomaという地に対してのイメージを、アレンジにしてみました。

で、出来上がったのがこちら↓
(間違えて消してしまったので、あまりいい写真がありません。。。)
f0130621_1554961.jpg

Oklahomaは私にとって、決して派手な見所一杯な州ではないので、
素朴なEarthyなイメージで、ドライフラワーを多用してみました。
またNative Americanということで、羽なんかも使ってみたりして。。。

もう当たって砕けろ!状態で、朝お教室についてみると、
みなさんそれぞれ思い思いの作品がありました。

ちょっと授業の前に先走って、お互いのキーワードを当てっこしてみたり。
そうこうしているうちに、誰かがこそっと、
みんなキーワードは、ミュージカルねと!!

え~~~!!!
そういえば、オペラ座の怪人の人もいるし、
f0130621_15584336.jpg

見るからに、ライオンキングの人も。。。

あれ、、、みんな気づいていたの??と、呆然としてしまいました。
確かにまさにOklahomaというタイトルのミュージカルがあるのですよ。
(日本の宝塚でも、上演されているようです。)
でも、私のOklahomaがミュージカルをさしているとは全くもって気づかず。。。
そのまんまOklahoma州の解釈をしてしまいましたよ。。。
まぁ、そのミュージカルもOklahomaが舞台だから早々ずれてはいないのだけれど。

そのほか、Catsとか、Chicagoのミュージカルだった人もいましたが、
誰もそのままネコとか、シカゴをイメージしてる人はいなく、、、
どうやらみなさん事前にお互い話していたみたいですね。。。
Only Japaneseはこういうときに、辛いです。。。

まぁ、気を取り直して、
一人ずつ作品をもって前にでて、どういうイメージで作ったかを説明。
みんな紆余曲折あったようです。
私のも、どうにかOklahoma!!!と言い当ててくれる人もいらして、一安心。

みなさんの作品の一部です。
f0130621_1644859.jpg

f0130621_165888.jpg

f0130621_1652981.jpg

個性に溢れてますね。

面白い宿題チェックの後は、今日のお題。
Large Arrangemetsです。

パーティー会場や、教会に飾られるような大きなもの。
先生からは何もお手本はなく、ただこのメッセージのみ。

”Let your fingers do your work"

2人一組で取り組みました。

私とマダムの共同作品。
いかがでしょうか。
f0130621_169448.jpg

記念に2人でお花をバックに、写真撮ってしまいました。

***
さて、今日で全日程が修了、全部宿題を提出したので、
無事にAdvancedもCertificationをいただけ、またFloral Design自体の
Certificationもいただけることとなりました!!

卒業生にはその授与式と、昼食会があるようで、
先生から招待状を直接頂きました。
f0130621_16114757.jpg

お食事も素晴らしいそうで、10月が楽しみです。

当初は、うちから遠いし、車で危ないし、、と不安たっぷりでしたが、
今終ってみて、やはりかけがえのない経験をしたと思います。

綺麗なお花に囲まれ、先生のお花にまつわる思い出、
ロンドンでFloristをしていた頃の思い出など、
日常の色んなことから解き放たれ、毎回とても癒され、
まさに、”花は心のビタミン”的な、時間を過ごさせていただきました。

以前から、英語そのものを目的にするのではなく、
ツールとして使える人になれたら、と思いながら過ごしてきました。
(英語を使った仕事がしたい!ではなく、まず自分のしたいことがあって、
それを実現するのがたまたま英語であった、という様なことです。)

まさに、このFloral Designのクラスは、長い間目標にしていた、
理想形での英語(外国)の関わり方であり、
たまたまHPでこのクラスの存在を見つけられた、偶然に驚き、
また感謝しています。

まだまだ、お花のABCを習ったに過ぎませんが、
始まりがこのクラスであったことは、私の中ではとてもとても大きな事でした。

これをどう続けていくかは、また考えなければいけないのですが、、、
とりあえずは、少しずつ復習していきたいと思います。

Thanks!
***
[PR]
by gold_99 | 2009-10-02 16:27 | ☆Floral Design

Accessories and Interpretation

7月から始めたこのCertification Courseも、今週で最後。
達成感と、もう終ってしまうさみしさと、、、
な~~んて感じる余裕はまだなく。。。

というのも、最後に大きな課題が待ち受けているからです。
これは後ほど。

今日のお題は、Interpretation。
与えられたテーマに対し、自分なりの解釈を交えてアレンジにするというもの。
○○のイメージでブーケを作ってとか、△△な人にプレゼントするお花を、
という時など、与えられたイメージを形にすることは、何時も必要。

今回は特に注意事項などもなく、
すべては自分のセンスによるらしく。
と言っても、そのセンスっていうものが、曲者なのですよねぇ。

☆先生の素晴らしい作品集☆

ワインというテーマでの、先生の解釈。
こんな風にワインがお花と共に出てきたら、嬉しいですね。
ボージョレー解禁の時など、パーティーで使えるアイディアです。
f0130621_14252869.jpg


これは私は当てられなかったのだけれど、
”Dream Girl"というミュージカルをイメージした物。
こういった小物をたくみに使う事も重要です。
f0130621_1426251.jpg


最後は、映画の”Fiding Mimo"
大きな金魚みたいな?お魚がいるのが、分かりますでしょうか。
f0130621_14263395.jpg


実習はいきなりクラス全体に課題が与えられ、
テーマは、”Country Wedding"
沢山のお花が与えられ、11人で約40分でWeddingを作り上げるのがミッション。
作らなければいけないアレンジメントは、18個。

チャペルの祭壇用のAlert Arrangements,お席用のCyu(英語が怪しい)、
ブーケ、フラワーガール用のブーケ、メインテーブル用、
ブッフェ用、ゲスト用、ゲストブック用、レセプション用。
作るべきアレンジメントの数は指定されています。

お教室用の机を並び替え、即席チャペル、即席ブッフェを作り、
各自分担してお花をいけ。
リーダー役の方の見事な時間配分と、みんなの協力により、
本当に40分で立派なWedding会場となりました。

少し写真が撮れたので、ご紹介。

これはブーケですね。
こんな大きな物をささっと作ってしまいました。
みなさん、本当にすごいです。
f0130621_14334820.jpg

黒い女性の後ろに見えるアレンジは、
Alert Arrangemetsという、チャペルの祭壇用の対象に置く2つのアレンジですが、
これは私の担当。
左右ほぼ対象に活けるのが、難しかったです。
f0130621_14344879.jpg

チャペルのそれぞれの椅子におく、Cyu??
(名前を忘れてしまったので、明日聞いてきます。)
f0130621_14381167.jpg

花嫁、花婿のメインテーブル用。
f0130621_14371229.jpg

ビュッフェのメイン用。
f0130621_1439892.jpg

ゲストテーブル
f0130621_14394731.jpg

ゲストブック(Reception)
f0130621_14403924.jpg

40分後完成した後に先生をお呼びしたのですが、
”Everything is Fabulous"と、大満足のご様子でした。

***
さて、今日の課題のグループワークですが、
私にとっては、様々な面でとても難しく、色々な反省点がありました。

例えば、そもそものWeddingスタイルの違い。
日本でFlower Girlの存在はあまりメジャーじゃないので、
どういうお花にすればいいか、よく分からなかったり、
私が担当したAlert Arrangementsについても、
Alertの意味が分からず、苦労しました。(Cyuも・・・)

まずこういったことがはじめよく分からずおたおたしたし、
また自分のアレンジが終ったので、他の方を手伝おうと、
”What shall I help you?"と、お手伝いを申し出たのですが、
アメリカ人がばーーーという事に対して理解できず、
中々その意図するとおり動けず、かえって足でまといになったり。。。

先生が言っていることも100%理解できるし、
例えば、クラスのアメリカ人が私にしゃべりかけてくれた事ももちろん
100%分かるし、お互い会話が成り立つのですが、
アメリカ人同士がしゃべっている中に私が入っていくのはとても難しいです。
私に対する時と、使っている英語が全く違うんです。
なので、理解できて6,7割。

普段Adult SchoolやKoreanオクサマなど、マイノリティーばかりで、
集まって話しているので、全くストレスを感じないけれど、
こういったアメリカ人のコミュニティーにいると、本当に大変。
日本語でならなんともないことが、
言葉が違うだけになにもできなくなってしまい、
自己嫌悪に陥ったり、一気に疲れしまいます。。。

さて、明日は宿題を持っていって、
その後の実習はまた2人ペアで、大きなArrangementを作るようです。
大変だ~~。。。

しかも、私の宿題の課題はなんと”Oklahoma”
これを一体どうやって解釈し、形にすればいいのか。。。
今日、寝られるかな・・・
***
[PR]
by gold_99 | 2009-09-29 14:56 | ☆Floral Design

Tropical Arrangements

お花のある月・火が終ると、一瞬にして気が抜け、
サボり癖がついてしまい、もう金曜日。早く更新をしなくては・・・。

火曜日は、宿題から。
Dry Arrangemetsです。
毎度ながら、皆さんの作品のダイナミックさ、斬新さに、感心します。

見えづらいですが、これは私の。
f0130621_434493.jpg

国民性でしょうかね、いつも私のはみなさんに比べ小さめ。
(個人を越えていると思う。)
こじんまりまとまる事が、多い気がします。

みなさん、とってもダイナミック。
f0130621_436573.jpg

普通なら車で運ぶから運びやすい物を、、、と思ったりすると思うのですが、
お構いなし。
日本のお教室で活けた作品を持ってきなさいと、というところはあまりないでしょうね。。。
車社会アメリカならではの、ことだと思います。
f0130621_4375114.jpg

みなさん、こういったデザインのアイディアはどこから出てくるのでしょうか。
どんなお稽古をしてきたのでしょうか。
f0130621_44079.jpg

いつも不思議に思います。

私が一番センスがいいなと思ったのはこの方。
f0130621_4411671.jpg

ティッシュケース位のボックスに、こまかーくドライの穂が敷き詰められ、
周りは松ぼっくりとシトラス。
先生も”Very European"とおっしゃっていました。

さて、今日のLesson Titleは、Tropical Arrangements.
リゾート系のお花を使ったアレンジです。

キーワードは、"Less is Better"
f0130621_4445218.jpg

確かに!
Tropical Flowerて色も濃いし、それだけで十分個性的なので、
どうやって活けていいか、今までよくわからなかったのです。
なるほどなるほど。。。

そのせいか、今回は花器も個性的!
この方のお帽子を作ってあげるようです。(髪ではなく、、、)
f0130621_4462441.jpg

この貝殻型の花器も、お教室で売っていました。
f0130621_4475919.jpg

迷いますねぇ、買えばよかったかなぁ。。。

☆先生の素晴らしい作品集☆
この赤い針のようなお花、ピンクッションというそうです。
Bambooを使って、どこか涼しげ。
f0130621_4502999.jpg

・Bamboo
・ジンジュー?
・Rotus Roots
・アンスリウム
・Orchid
・ぴんクッション
・パパイルス
・ベアグラス

これはこの方のお帽子。
ささっと可愛く作ってしまいました。
f0130621_4523295.jpg

・ピンクッション
・ヒペリカム
・ゲイラックスリーフ

これもささっと。
こんな風にささっとアレンジして、さりげなく飾れたら。。。
f0130621_4541351.jpg

・ゲイラックスリーフ
・ヒペリカム
・アンスリム

細長い四角いガラスの花器に投げ入れ。
f0130621_4565142.jpg

・Bush Ivy
・ヒペリカム
・アンスリウム

よく見かけるけれど、上手につかなかったデンファレ
投げ入れにするよりもOasisの方が良さそうです。
こういうArrangements、好みです。
f0130621_4594589.jpg

・Orchid
・ゲイラックス
・Lotus Roots
・サキュランント
・Twig
・Pommegrant

さてさて、実習。
Less is Betterの通り、簡単だからAs you likeとのことで、
各自与えられたお花を好きなように活けました。
私のはこんなの。
ちょっと納得いく感じになりました!
f0130621_524442.jpg


***
なぜか今日はSweetsの写真を撮り忘れ。。。
このCertification Courseも残すところあと1週。
ようやくここまで着ました!
といっても、最後に大きな、しかも難しい宿題が残っているので、、、
まだまだ気は抜けません!
***
[PR]
by gold_99 | 2009-09-26 05:04 | ☆Floral Design

Dried Arrangements and Topiary

初めてのドライフラワーを使ったアレンジメント。
ドライフラワーを使うと、ようやく秋だなぁと感じますね。
もう9月後半を過ぎ・・・。
Time Flies....

ドライフラワーも宿題も出るので、1週間前から何か宿題に使えるような物を、
考えておく事、と予告されていたので、
自己流にアジサイなどをドライにしてましたが、
アレンジをするにはもっと量が必要とはたと困っていたところ、、、

さすが先生!
ドライフラワーのバラエティも豊か。
f0130621_12483951.jpg

アジサイや、ローズヒップ、リヤローなど、ご自分でなさるそう!!

ドライフラワーには普通のオアシスではなく、Foamを使って。
通常はOasisぬらしませんが、生花と組み合わせるとはもちろんぬらして。

このススキ、見事ですね。
f0130621_12524724.jpg

昨日ゴルフ場に沢山生えていたので、つんでくればよかった・・・。

ドライフラワーのいい点は、葉物を使う必要がない。(Oasisを埋めなくて良い事。)
Mossなどで足元を隠せばいいのですが、
f0130621_12544279.jpg

逆に葉物がないので、ごまかしが効かないのも、難しいところ。。。

枝振りがお見事。すでにこれだけでアートです。
f0130621_12562613.jpg

そうそう、先生は特にこのドライのアレンジメントに関しては、
Artと捉えていらっしゃるようで、特に形などにはとらわれず、
感性を大事にしているとのこと。

☆先生の素晴らしい作品集☆

ススキと、ディルがとても印象的。
Kangoloo pooなど普段使う花材もドライになると、全然表情が違う。
ドライというと寂しい印象があったけれど、むしろゴージャス。
f0130621_12591423.jpg

・ディル
・ススキ
・Moss
・Kangaloo poo
・Hydrangea
・Rose hip
・Maple Leaf
・リヤロー

テーブルセンターとして、作った物。
ざくろ、コーン、ベリーがアクセントとして入り、まさにHarvestという感じ。
f0130621_1313838.jpg

・ワソニア
・Dog
・リヤロー
・Hydrangea
・Rose hip
・China Berry
・Corn
・Moss
・Pomegrant

テラコッタのワインクーラーを利用して。
f0130621_133723.jpg

・ババスカム
・Dog
・ワソニア
・Rose hip
・Hydrangea
・Moss

海辺でひろったという、スカルプチャーと木をアクセントに。
やっぱりこの枝がぴりりと引き締めてますね。
f0130621_1351721.jpg

・Twig
・Rose Hip
・Hydrangea
・リヤロー
・スカルプチャー

今日はTea timeをはさんで、もう一つの課題Topiaryの実習でした。
Topiaryは意外と簡単で、こんな風にFoamを用意し、
f0130621_1383547.jpg

今日の花材は紫のスターチスでしたが、それをどんどんまん丸にさしていくだけ。
f0130621_139395.jpg

結構気が遠くなる作業でしたが、本当にそれだけ。
そしてまん丸のと、本体をFlower Stickで合体させます。

まん丸で可愛いのができたのですが、写真を撮り忘れてしまったのでまた明日
f0130621_57243.jpg

ピアノの上が、可愛く華やかになりました。

***
ドライの宿題が出ていて、花材に困っていたのですが、
先生が枝もの、アジサイなど沢山、皆さんに分けてくださいました。
「I'd like to see your creativity」といわれてしまったので、
プレッシャーーー。
果たして私のがArtになっているのかどうか、明日持っていくのが楽しみです☆
***
[PR]
by gold_99 | 2009-09-22 13:11 | ☆Floral Design

Free-Standing Bouquets

火曜日はいつも月曜日の宿題から。
Wire Nettingがテーマでした。
みなさんお庭のお花をよく使っていらっしゃるようですが、
私にはないので、、、いつもお花束をスーパーで一つ買ってきています。
お気に入りのグルメ系スーパー、Trader Joe'sのお花は、
バラエティも沢山、モチも良い、しかもリーズナブルでとってもいいんです!

この日も、たわわになっているアジサイの鉢植えが、何と$6.99で!!
f0130621_13353714.jpg

即決で買いでした^^
だって、アジサイは切花だとすごく高いんですもの。。。
後は、まだ宿題では使った事のなかったダリアを数本購入。
以前お教室で購入した、テラコッタの四角い花器を使用して、
こんな作品になりました。
f0130621_13373446.jpg

みなさんアイデア豊富で、どれ一つ似たものはありません!
f0130621_13391121.jpg

しかも皆さん、とてもステキな花器をお持ちで、
f0130621_13401763.jpg

f0130621_13405184.jpg

実際はお宝級だったりするのかもしれませんが、、、
こういうアンティークっぽい、ギリシャっぽい花器、海外はとてもお安いので、
アメリカにいる間に、少しずつ集めたいと思っているところです。

+-+-+-
本日のテーマは、Free-Standing Bouquets。
日本では、Hand-Tiedといったりするでしょうか?

以前のNosegayはブーケホルダーにさして行きましたが、
今回のは、まさに手で持ちながら組んで、最後にモールで一つにします。
f0130621_13445186.jpg

ゴージャスな大輪のカサブランカ。
f0130621_1346534.jpg

Crystal Blancaという名前がついているそうです。
ブーケを作るのを実際に見れて、みなさん拍手喝采☆
f0130621_13472180.jpg

これはアームスタイル。
切りっぱなしの長いお花を組み合わせて、
f0130621_13484997.jpg

最後はおりぼんでひとまとめにして、
f0130621_13494796.jpg

スタイリッシュですね。
私のWeddingの時のブーケもこういう感じでした。
甘くなりすぎるのがあまり好みではないので、
あくまでもスタイリッシュ&ノーブルなイメージで、
沢山の白いカラーを長いまま束ねて、チュールレースで結んでいただきました。

☆先生の素晴らしい作品集☆

話しながら、ささっと作ってしまったブーケ。
ローズマリーや、ジャスミンが入っているので、お花を切っている時から、
とてもいい香りがしました。
f0130621_13542896.jpg

・Rosemarry
・Hydrangea
・ゼラニウム
・ラドスパー
・Pink Jasmin

ゴージャスで、ノーブルなカサブランカ。
Beo Glassをくるっと丸めるのは、こうやってやるのだとわかって、
嬉しかったです。
f0130621_13564432.jpg

・Crystal Blanca
・Beo Glass
・ゲイラックス

アームブーケと長いままのブーケ。
どんどん組み合わせていって簡単なように見えますが、
腕に乗せた時に、ちゃんとバランスが取れることが大事なようで、
難しい事が判明・・・、がっくり・・・。
f0130621_13591534.jpg

・Beo Glass
・Ivy
・Curly Willow
・Country Bell
・Color

最後はバラと、ローズヒップを使った可愛いブーケ。
ローズヒップというのはてっきりお茶の事だと思っていましたが、
バラが終った後にガクの後ろにできる実のことを、ローズヒップと呼ぶとのこと。
なので、ヒップというのも納得。
へぇぇぇ~~。
f0130621_1413271.jpg

・Rose
・Rose hip
・ヒペリカム

お待ちかねの実習。
一つずつ、ピンクの可愛いお花たちが配られました!
f0130621_1434774.jpg

ピンクのブーケができるんだわ!!と、みなさん喜んだのもつかの間・・・。
至るところから、"Oh, My God"の声が^^
どんどん束ねている間に、左での親指がつりそうになります。
お花を束ねると、プロのフローリストになったかの様な気になってしまいますが、
この手のつりようは・・・、本当にChallengingな課題でした。
先生のはこんな感じ。
f0130621_147520.jpg

茎をそろえると、このように立つんですね。
だからFree-Standingです。
私のも、立った!!
f0130621_148312.jpg

難しいですが、練習あるのみ。
束ねたまま花瓶に入れて飾れるので、ギフトにもぴったり。
先日、Koreanオクサマに来客用のお布団を借りたので、
お礼に明日一つ作ってみようかしら♪

***
f0130621_14111159.jpg

どうやらお隣のお部屋でパーティーをしていたらしく、
このほかにもフルーツやマドレーヌなど沢山☆☆
Tea Timeのあるレッスンはいいですね^^

花器の話を冒頭にしましたが、お教室ではこんな風に、
花器や、オアシスなど資材も売っています。
f0130621_1413169.jpg

これは!と思ったものは逃さないようにしているので、
今日は真ん中にある背の高いシルバー加工してある花器を購入。($27)
ちょっとこれに入れるだけで、格があがりそうで色々使えそうです。
ずっと気になっているのは、トピアリー用の枠。
パティオのIvyが長く伸びてきたので、ツリーみたいにしたいのだけれど、
これ以上ものを増やすのもためらわれるし・・・、と、
お教室に行く度に買おうかどうしようか、迷っております。
***
[PR]
by gold_99 | 2009-09-16 14:16 | ☆Floral Design

Arrangements with Wire Netting

例年Bay Areaでは、4月~10月は乾季のため雨が全く降らないのに、
週末はずっと雨。これも異常気象?
太陽さんさん、抜けるような青空が当たり前のこの地で雨が降るのは、
どうも納得がいかないですね。
週末とは打って変って、今日は朝から晴れ。

気持ちよく、Advanceクラスの始まりです。
Beginningからずっと同じ方も多く、
先生も”Welcome to Advanced!”で、レッスンスタート。

今日は先生も難しいという、Wire Nettingを使ったアレンジ。
f0130621_6421342.jpg

こんなロール状のワイヤーを丸めて、コンテナにセットします。
f0130621_643714.jpg

中にはPin Holer(剣山)を仕込ませることも。
WireによりOasisよりも大きな、背の高い作品が出来上がりますが、
バランスを取るのがとても難しいです。
f0130621_645189.jpg

FacingでもAroundでもどんな形でも。
これはテーブルセンターのための、細長いアレンジ。
f0130621_646224.jpg

こういう形の花器が好み。
青銅色というのでしょうか、あまりお花を選びませんね。
f0130621_6481342.jpg

先生のお庭から摘んできたゼラニウムで、”Looks like Growing”に。
f0130621_6491442.jpg


☆先生の素晴らしい作品集☆

豪華なアレンジメント。
季節は秋に近づいているせいか、実物、モーブな色のアジサイ等、
落ち着いた花材が最近よく登場します。
f0130621_6511411.jpg

・カトニスタ
・パパルイス
・Bush Ivy
・ラドスパー
・Country Bell
・Hydrangea
・Naked lily
・Lily

ちょっと写りが悪いけれど、、、私の好みのアレンジです。
柳のこの枝ぶり、自然の作り出すものにはかないませんね。
秋のLilyと夏のSun Flower、見事に調和しています。
f0130621_6562845.jpg

・Curly Willow
・Bush Ivy
・カトニスタ
・ヒペリカム
・Hydrangea
・Lily(Tango)
・Sun Flower
・Lily

先生のお庭から摘んできたお花で出来た、可愛らしいアレンジ。
ピンクのゼラニウムもまたいいですね。
ダリアのぽんぽんした感じが、なんともCute!
f0130621_6585414.jpg

・Bush Ivy
・ゼラニウム
・Hydrangea
・Dahlia
・カトニスタ

実習はみんな四苦八苦。
要は、Wire Nettingを使った投げ入れなので、
お花を入れても、次のを入れると元のが動いてしまったり、
中々スタイルを固定する事が出来ません・・・。
f0130621_725418.jpg

Facingスタイルでした。

今日もWire Nettingを使った宿題が出ているので、
これからお花を買いに行ってきます♪

***
f0130621_74558.jpg

どうやら市販のお菓子でしたが、アメリカのお菓子にしては甘すぎず、GOO!!
今日は10月に行われる、卒業レクチャーのアナウンスメントがありました。
Certificationが取れる人対象に、締めくくりのレクチャーがあるそうです。
そして、その後は卒業パーティーを兼ねたLuncheon(昼食会)だそうで、
楽しみ楽しみ☆

Advancedも休まず、宿題にも力を入れて、頑張りま~す!
***
[PR]
by gold_99 | 2009-09-15 07:08 | ☆Floral Design