<   2012年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

おかぁさん

夫婦で読んでくださいと、知人から感慨深い詩を頂いたので、備忘録として。

  * *

『おかぁさん』

おかぁさん 私のことを愛して下さい
わたしは泣くことしかできません
でも、決してあなたのことを困らせようとしているのではないのです

おかぁさん 私のことを愛して下さい
温かいお腹の中が恋しくて、ときどき懐かしくなってしまうのです
長いこと丸くなってすごしていたから、お布団に寝かされると背中がびっくりするのです

おかぁさん 私のことを愛して下さい
わたしが抱っこを望むのは、あなたの優しい愛にふれたいから
あなたの肌の匂いにわたしは安心するのです

おかぁさん 私のことを愛して下さい
遠く離れたところから、優しいあなたのまなざしを見ていました
あなたが動物を慈しみ、植物を愛でる姿に惹かれました

おかぁさん 私のことを愛して下さい
目閉じて眠るのは怖いのです
暗くて深い闇は、あなたから引き離されそうだから
あなたの側にいたくて、泣いてしまうのです
深い海を渡り、広い空を越え、宇宙の果てからあなたをみていました
私はあなたと巡り会うその瞬間をずっと待ち望んでいました

けっして、あなたの自由を奪うために、やってきたのではないのです
あなたが悲しい顔をするたびに、私も涙が溢れるのです
あなたが困っている顔をするたびに、私も途方にくれてしまうのです
どうか、私の存在を疎まないでください
言葉を発しない私ですが、あなたの気持ちは誰よりも感じることはできるのです

おかぁさん 私のことを愛して下さい
私のことを分かってくれるのはあなたしかいないのです
あなたに抱かれ、あなたの鼓動を感じ、私はこれ以上の幸せなことはないと知っています

おかぁさん 私のことを愛して下さい。
あなたの笑顔がまぶしくて、私はいつも見ていたいと思うのです
あなたの声が永久の音色として心に刻まれるのです

おかぁさん 私のことを愛して下さい
私は誰よりもあなたを愛しています
あなたとともに歩む未来がどんなにすばらしいものかを信じています

 * *

泣くことでしか、要求を伝えられない赤ちゃん。
今日で生後1か月の娘ですが、それでもきちんと意志があるんですね。
私の話や歌をじっと聞いていますし、おむつのときは必ず泣いて教えてくれます。

1か月間で替えたおむつの枚数、授乳の回数を数えるとびっくりしますが、
大変ですが、望んでいたことなので全く苦ではありません。
何度でも替えてあげよう!、と意気込んでいます。

先日、母が「今は大変だけれど、いずれこの子があなたを助けるようになる。」
と言っていたのが印象的です。
女の子を育てた母の、率直な感想でしょうね。
私とお食事したり、旅行に行ったり、お茶してなんてことない会話したり。
お互いにいい気分転換になり、いい意味での頼り頼られの関係を築いている気がします。

「あなたのために私がいる、私のためにあなたがいる。」の気持ちで、
娘と一緒に成長したいと思います。

それにしても、童謡や詩など、「母と子」をモチーフにしたものはたくさんありますが、
父と子ってあるんでしょうか・・・。
何かあれば教えてくださいませ・・・。
[PR]
by gold_99 | 2012-03-24 16:55 | お嬢さんと

First White Day

すっかり春の陽気ですね。

退院後3日目に、私がインフルエンザにかかる(予防接種していたのに!!)という、
大ハプニングがありましたが、気が付けばもう少しで産後1か月。

先日の区の助産師さん訪問での体重測定では、約3,980g!!!
小さ目ベビーだったので、3500g位あれば御の字と思っていたので、びっくりしました。
完全母乳なので、我ながらによくやったものだと褒めてあげたいと思います。
でも、おデブちゃんになるのはちょっと・・・、
正式な1か月検診でいろいろ聞いてこようと思います。

 * *

さてさて、先日のWhite Day.
我が家のお嬢さんにも、夫からプレゼントがありました!!
まだおなかにいるときに、ガトーショコラ作りましたもの。
またまた千疋屋の袋、なんでしょなんでしょ♪
f0130621_134119.jpg

授乳のために、甘いものや洋菓子系が食べられない私を気遣ってか、ドライフルーツでした。
千疋屋のドライフルーツなんて、もったいなくて中々食べられなさそう・・・
f0130621_1353111.jpg

先日母とおやつにスコーンを焼き、おいしいレシピを手に入れたので、
パンやお菓子に入れて使ったほうがよさそう。
もう少し落ち着いたら、パン作りも再開したいです。

どういう育ち方をしたのか、家事全般が絶望的にできない夫ですが、
それでも、週末家にいてくれて抱っこなどしてくれると、格段に私の負担が減り、
少しずつ家事や育児にも慣れてほしい、というのが今の切実な願いです。

また来年少しでも成長した夫に、娘と二人でバレンタインを用意したいです。
[PR]
by gold_99 | 2012-03-19 13:15 | お嬢さんと

産まれました。

2012年2月23日、午前8時50分、体重2,772gの女の子を出産しました。

予定日過ぎてやきもきしましたが、
陣痛が規則的になってからは、比較的にスムーズで、
先に入院していた人たちを追い越しての出産だったようです。

とはいっても、出産とは壮絶ですね・・・
痛みに耐えながら、30年前に同じような痛みをして産んでくれた母のこと、
そして、この世にいるすべての人のお母さんに改めて敬意を表しました。

今は、授乳、おむつ、抱っこを2時間くらいごとの繰り返しですが、
子供の寝顔を見れば、不思議と疲れは感じません。

あれもこれもできるようになってほしいとか、もっと賢くなってほしいとか、
これからいろいろ欲が出てきそうですが、
とりあえず今は、ただただ私たちのもとに来てくれたことにひたすら感謝をして、
毎日子育て楽しみたいと思っています。

最後に、、、
一回だけ顔見せ・・・、
病院での初の沐浴のときに、助産師さんに撮っていただいたものです。
親ばかですが、、、今まで撮った中で一番のお気に入りです^^
f0130621_7544538.jpg

[PR]
by gold_99 | 2012-03-01 07:57 | ごあいさつ